ナースではたらこ




東証一部上場企業「総合求人情報ポータル」の老舗・ディップ株式会社が運営



全国各地の医療機関情報・日本最大級、看護師専門の転職・求人サービス



多くの看護師さんに支持され、満足度第1位 (※:調査機関:楽天リサーチ 2015年4月/20〜40代)



Webに公開されていない最新の非公開求人も登録者限定でご紹介



「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんな看護師さんを応援








ナースではたらこ 詳細はこちら






https://iryo-de-hatarako.net/







ナース人材バンク





年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス




看護師紹介・業界一の老舗・東証一部上場 エス・エム・エス キャリアが運営




全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート




求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ




転職利用者の97%が満足の転職支援サービス

 (平成26年1月ナース人材バンク成約者アンケート調べ)






ナース人材バンク 詳細はこちら






https://www.nursejinzaibank.com/






マイナビ看護師





株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス





医療系転職支援サービスのプロがサポート





日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など




豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり





マイナビ看護師 詳細はこちら






https://kango.mynavi.jp/







パソナメディカル






医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ



登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介




登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー




なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実





パソナメディカル 詳細はこちら






http://nr.pasonamedical.com/







ナースパワー人材センター







看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア



業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用



沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評





ナースパワー人材センター 詳細はこちら





http://nursepower.co.jp/























































ナースパワー応援ナース求人

看護のスペシャリスト、看護師になろうとする場合、専門学校であれば3年、大学なら4年といったようにそれぞれ勉強して、その上で国家試験を受け、合格してやっと看護師になれます。この試験は毎年、ほぼ例外なく合格率9割前後をキープしているということで、授業にまじめに参加して勉強さえしていれば、そう難度の高いものではないということです。

 

そして、看護師を育てる専門機関はいくつか種類があるのですけれど、今日では、幅広く勉強できて、関連資格の取得もしやすい看護の4年制大学に進学する人が、多くなってきているようです。

 

 

 

看護師の仕事をしていく中でもちろん辞めたくなることも何度もあるでしょう。 仕事上のミスや、患者さんとのトラブルなどもあるのです。しかし、やりがいを感じたり、仕事を続けていきたいと思うことはいっぱいあります。

 

 

 

時に厳しく、時に優しい諸先輩方。周囲の人々にサポートしてもらっていることを実感する日々です。看護師の資格を取得するにはよく知られている、学べる場所として、看護専門学校と看護大学という二種類があるのです。

 

学習内容にそう変わりはありませんが大卒の場合、キャリアを上げるのに有利な要素となり、貰えるお金の面でも、専門卒よりやや良いでしょう。

 

そして、看護専門学校の場合のメリットは、大学よりも安い学費で済み、実習に多くの時間を割き、すぐに戦力として使える人材になれることだと思います。

 

 

 

正職員やパート、派遣といったように、看護師の働き方も色々ではありますが、大半の看護師は病院で働いています。

 

 

 

ですが実のところ、病院という職場以外の場所においても、意外と看護師でなければできない仕事というのはあって、働く場所となるのは、市町村の保健センター、保育園、企業内、介護施設などです。

 

こうした職場で看護師として活躍する人も大勢いて、人気のあるところなどは、採用されることが難しい場合もある、ということです。こうして、病院に限らず仕事をすることが可能であり、結婚や出産をした、子育てが終わったなど、ライフステージの変化に合わせるようにしてその時々で最も条件に見合った所に転職していくことができます。看護師資格の最大の利点は、つまるところ、たとえブランクがあったとしても、また看護師に戻れるという点です。
理由として、看護師が専門職だからということと人手不足であるということが少なからず関係しています。

 

 

 

どこに転職するか、またどういった雇用形態なのかなどに特にこだわっていなければ極端に言えば50代だったとしても、復職が可能です。たくさんの人と出会える街コンですが看護師の中でこちらに参加をする人というのは多くいます。

 

女の職場なので、男性との出会いのチャンスがなくて、新しい出会いを求めて、看護師がエントリーするのです。

 

 

 

街コンでは、看護師という仕事は一種のステータスとなることが多いです。けれども、たとえカップルが成立しても休日が合わないために破局をむかえることが多いと言われています。

 

看護師として患者から信頼してもらうためにも、病院に勤める看護師は見た目にも注意する事を忘れてはいけません。メイクをする女性の場合、けばけばしいような派手なメイクは厳禁ですから、印象の良いナチュラルメイクにするのが良いでしょう。

 

素顔の時ともまた違っているので、雰囲気が変わることは間違いないでしょう。

 

 

 

高給や安定性というメリットがあると同時に、厳しい仕事も多い看護師は離職率が高いです。

 

 

 

ですから、転職率も高いですね。ですから、転職サイトによっては看護師のみに対象を絞ったものが多種多様に存在しています。

 

 

 

専用の転職サイトなら、手間なく自分の望む条件を満たした求人を探しやすくなりますから、十分な時間を取れない現役の看護師に最適です。

 

 

 

それぞれの転職サイトで求人の傾向や強みが違いますから、こうした転職サイトをランキングにしたサイトを一緒に活用することをお勧めします。今どきの交代制勤務、世間で「シフト勤務」と呼ばれる勤務形態の代表的な仕事として、看護師を挙げることが出来ます。外来の看護師であれば日勤のみということもありますが、大半の病院が入院病棟の方に多くの看護師を置きますから、経験を積む上でもほぼ確実にシフトを組んでの仕事になると言えます。

 

妻の話ですが、看護師としてシフトを組んで仕事をしていましたから、妻が夜勤で居ないと子供がさみしがってしまって悩みました。

 

よく知られていることですが、看護師の仕事というのはかなりハードではあります。
なので、しんどさを覚える場面も多いはずです。二交代制や三交代制の勤務を続けていくと、生活が不規則になってしまい、そんな生活が、体調に響いてしまうのもよくあることです。

 

心身ともに大きな負担のかかる仕事ですから、これによりどうしようもなく疲労を溜めてしまい、人によっては頭痛や腰痛を起こしたり、肩こりに悩まされたりして、身体に無理をさせているのかも、と感じる事になってしまうでしょう。

 

 

 

一般的に、看護部長の下について病棟を取りまとめる看護師長の仕事と言えば、上司にあたる看護部長のサポートや、部下にあたる看護師の指導などで、企業では課長と呼ばれるクラスのものです。

 

 

 

課長職といっても年収も大企業と中小企業で変わることから分かるように、看護師の年収は、病院の規模で全く異なるのです。あるいは、公立と民間、都会と田舎といった差が収入に違いを生んでいます。

 

 

ついでに言えば、最も高額と考えられるケースは公立病院に勤めた場合で、おおよそ750万円前後だと推測できます。免許が必要な専門職である看護師は常に人手を探しているところもある程、需要の多い職業です。
ですから、再就職を考えたとしてもすぐに叶うでしょうし、丁寧に探してみれば、自分にとって、かなり条件が合う職場にであうことも可能でしょう。

 

ネット環境があれば、簡単にアクセスできる転職や求人を看護師に特化したサイトが増えてきていますから、上手にそういうものも使ってぜひ充分に吟味を重ねて、相性のいい職場を見つけてみてください。

 

 

最近では男性も増えていますが、女性が看護師として働いた場合、異業種に比べると高給です。
それが理由なのかはわかりませんが、着飾った人が多く見受けられます。

 

 

 

しかし、時間的余裕の少ない職業でもあります。
働きづめの病院もあり、お金を使う時間がなく貯まるばかりと耳にすることがあります。

 

 

収入面も重要ですが、休みとのバランスのとれたところで働くのが最も理想的であろうと感じます。

 

 

 

世間から見ると、看護師は収入の面で恵まれている印象を受けます。場合によっては人の一生を左右する責任の重い仕事ですし、夜勤等、ハードな職業ですが、給料で見れば平均して高水準を続けられることが看護師の特徴だと言えるでしょう。

 

 

 

景気や経済に影響されにくい職業だということもアドバンテージになっています。これらの高給や安定性を重視するならば看護師はメリットの多い職業だと言えます。

 

 

若い方はあまり知らないかもしれませんが、昔の看護師はほとんどが女性の職業でした。

 

ですが、近年はどこでも看護師の名称が使われ、男性の看護師も珍しくなくなりました。

 

実際の現場に必要になる看護師としての能力を考えるならば、このように変わっていくことは当たり前な事なのかもしれません。
母性的な優しさだけでなく、緊急を要する現場で必要になる判断力や体力も、今後はもっと重視される要素になってくるでしょう。
看護師という仕事が激務であることには異論の余地がありません。

 

 

病棟勤務に従事していると、重症の患者さんを担当することもあり、急に容態が変化してその処置に大わらわになったりしますし、食事の介助など、身動きの難しい患者さんのお手伝いも仕事の一つです。

 

 

予定のなかった緊急手術が、急に行われることになったりもしますし、夜間は夜勤業務の人ばかりで人手が少ないのに患者さんからのナースコールがひっきりなしだったり、気の休まる時間はないくらいてんやわんやと忙しいこともあったりします。
世間的に、看護師は収入面で安定している仕事だと認識されておりローンの際も、大体の場合、スムーズに審査を通ります。

 

とは言え、勤務形態が非常勤であるなどで安定していない看護師についてはそうとは言えないことも多いです。簡単にローンを組めるのは正職員という形で勤務中の安定した勤務形態で働いている看護師について言えることなので、非常勤で勤務している人の場合、看護師であってもローンが難しいことがあります。

 

多くの看護師は病院で働いていますが、病院といっても比較的大きな総合病院から地域の町医者まで様々にあります。

 

他にも、介護施設や保育園に看護師が常駐しているケースがあります。会社によって給料が変わるもので、もちろん、看護師も同様です。地域の診療所と総合病院とでは、やはり年収にも差が出てきます。

 

 

 

ですので、平均的な看護師の年収は必ずしも、誰もが得ている収入では無いことを理解しておきましょう。