ナースではたらこ




東証一部上場企業「総合求人情報ポータル」の老舗・ディップ株式会社が運営



全国各地の医療機関情報・日本最大級、看護師専門の転職・求人サービス



多くの看護師さんに支持され、満足度第1位 (※:調査機関:楽天リサーチ 2015年4月/20〜40代)



Webに公開されていない最新の非公開求人も登録者限定でご紹介



「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんな看護師さんを応援








ナースではたらこ 詳細はこちら






https://iryo-de-hatarako.net/







ナース人材バンク





年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス




看護師紹介・業界一の老舗・東証一部上場 エス・エム・エス キャリアが運営




全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート




求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ




転職利用者の97%が満足の転職支援サービス

 (平成26年1月ナース人材バンク成約者アンケート調べ)






ナース人材バンク 詳細はこちら






https://www.nursejinzaibank.com/






マイナビ看護師





株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス





医療系転職支援サービスのプロがサポート





日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など




豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり





マイナビ看護師 詳細はこちら






https://kango.mynavi.jp/







パソナメディカル






医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ



登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介




登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー




なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実





パソナメディカル 詳細はこちら






http://nr.pasonamedical.com/







ナースパワー人材センター







看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア



業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用



沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評





ナースパワー人材センター 詳細はこちら





http://nursepower.co.jp/























































ナースフル疾患別シリーズ

病棟に勤める看護師は、夜間も常に患者のケアにあたるため絶対に夜勤が必要になる職業です。夜勤の時間帯については、その病院が2交代勤務なのか3交代勤務で働いているのかで全く違うのです。主に2交代制勤務のシフトでは、夜勤が17時間(休憩含む)と長いです。3交代勤務での夜勤となると、夜勤の時間は短めですが、休みと出勤が短時間で区切られた過酷なものになるケースもあるようです。

 

 

 

求人に応募しようとする病院が2交代と3交代のどちらの勤務形態なのか理解しておいてください。交代制勤務や夜勤の仕事、煩雑な業務に外見のチェックまで看護師の仕事は大変ハードでも、申し送りは、最も気を抜けない仕事のひとつのようです。担当の患者の状態や処置についてを理解して、その情報を次の担当看護師がスムーズに仕事が出来るように、伝える必要があるのです。それほど重要でない情報もありますが、医療的に重要な処置等に関しての申し送りは間違いがないよう、慎重になる必要があります。

 

昔から看護師さんになるのが夢でした。

 

ですが、家庭の都合から、企業に就職して会社員として働くことになりました。

 

しかし、看護師になりたいという気持ちが大きくなるばかりでした。無資格でも看護関係の仕事に就くということも出来たのですが、やはり看護師の資格が欲しいと悩んでいたところ、医療の現場で看護助手としての仕事をしながら看護師の資格を取ることが出来る方法がある事が分かりました。子供のころからの夢を叶えるために、頑張りたいと思います。
多くの病院で看護師不足が叫ばれていますが、これは社会問題に繋がっています。代表的な要因として看護師の労働環境が大変つらいものだということが言えるでしょう。法改正によって、医師の仕事を看護師が担当できるようになったため仕事が増加する一方になり、仕事に拘束される時間も長くなり、簡単に休みを取る事も出来ませんので、疲れが溜まってしまいます。勤務形態によっては夜勤が必須になりますから、出産後に看護師を退職する人も珍しくありません。
資格の面からみると看護師の資格というものの最大の利点は、結局のところ、看護師として勤務していない時間があっても、また看護師に戻れるという点です。これはなぜかというと、看護師が専門職であることに加え、人が足りていないことが大きな原因といえます。
どういったところへ転職し、どのような雇用形態を望むのか、あまりこだわりがないのであれば状況次第で普通なら再就職が困難な50代でもまた働けるといっても過言ではないのです。

 

看護師資格を取ろうと思った場合、気になるのがその難易度です。
実際にはどのくらいのレベルになるのでしょうか。

 

 

資格を取得するための看護師国家試験の合格率は、平均で90パーセント近くと、意外と高いことが分かります。
実際の試験の内容も、学校の授業を理解していればそんなに難しい試験ではありませんので、特別に厳しい資格ということも無いようですね。

 

看護師の仕事を選択する、外せない理由の一つにお給料を多くもらえるということがあると思います。

 

新卒の給料を見てもほぼ同じような年齢の、一般的な会社に勤めた人達と比べた時にも多くもらえていることがわかると思います。しかし、そのように高給をいただくということはその分、自分自身も精進に励み、日々、患者さんへ還元していく必要があるのです。

 

このご時世、「看護師は比較的お給料がいい」というイメージを持たれている方も多いことでしょう。しかし、実をいうとどちらかというと、夜勤手当に依るところが大きく、その結果、総額が上がっている場合が多いです。ですので、「いいお給料で看護師をしたい」というのならば勤務時間帯を重視し、日勤だけのところを避け、夜勤がある勤務先を選択してください。

 

夜勤で勤務できるかどうかでかなり手取りが左右されます。今、日本ではインドネシア、フィリピン、及びベトナムとの間で締結されたEPA(経済連携協定)に基づき、来日した人々を外国人看護師候補生として受け入れるということを行っているのです。

 

 

 

とは言っても、日本語で出題される看護師の国家試験にもし、3年以内に受からなかった場合、自分の国に帰らなければなりません。

 

働きつつ、日本語の習得に励み、なおかつ、同時に、国家試験のための勉強を行う必要があり、大変シビアであるようです。

 

 

24時間切れ目なく続く仕事に携わる場合、交代勤務、世間で「シフト勤務」と呼ばれる勤務形態の代表的な仕事として、看護師を挙げることが出来ます。

 

 

 

職場が外来の看護師であれば、日勤になることもありますが、入院病棟に必要な人数を多く割り振りますから、まだ経験が浅ければ、確実にシフトを組んで働くことになるでしょう。

 

私の話になりますが、妻がまだ子供が小さかった時に看護師としてシフトに入っていたために、夜勤の時は代わりに私が子供を見るのですが、上手く寝かしつけることが出来ずに大変だった思い出があります。仕事をし続けていると不満や悩みが出てくるものですが、看護師で多いものは、職場での人間関係の難しさや不規則な勤務形態です。

 

 

 

やはり、女性が多い職場ともなると、モラハラや職場いじめがあったりと、ドロドロした人間関係がつくられているような職場も多いのです。

 

夜勤など不規則な勤務時間によって、育児といった家庭と仕事を両立できない事も問題です。

 

問題が改善されそうにない職場には、早いうちに見切りをつけ、環境の整った職場へ移るのもひとつの選択として、覚えておきましょう。年々志望者の増える看護師ですが、この職業につくためには、看護学校などの養成期間で、それぞれ決められた年数勉強をしてから、さらに国家試験を受けて合格しなければなりません。

 

 

 

この国家試験については毎年、受験者の約90パーセントが合格していて、在学中きちんと勉学に勤しんでいた学生にとっては、特に恐れるようなものではないようです。

 

 

 

そして、看護師を育てる専門機関は看護専門学校や短大など、いくつかありますが、近年、より広く深く学べる上に各種関連資格も取得できる看護大学に進学を希望する人の数が増えてきたようです。

 

病院での勤務は、おおまかに病棟勤務と外来勤務に分かれますが、子育て中であれば外来勤務を選ぶと良いでしょう。

 

日勤だけですので、保育園や学童を利用して働くことが可能になります。

 

それに加えて外来勤務においては、土日や祝日がカレンダー通りに休みになります。夜勤もありません。

 

 

 

外来勤務が忙しくなるかどうかは、病院による部分もありますが、特に大病院や、人気の診療科などがあるとたくさんの患者で待合室がいっぱいになってしまい、てんてこ舞いになりますし、待ち時間の長さのあまり、クレームを入れる患者もいます。

 

 

勤務を続けていく上で、どういったスキルがあれば良いかはどういった病院か、診療科はどこかによって違ってきます。

 

 

 

収入面において、看護師という仕事は、主に女性が担う一般の職に比べ、とても高い額の給料となっております。医療現場という、人命のかかった職場であり、ハードな夜勤や残業をはじめ、各種手当も間違いなくもらえる、というのも大きいです。

 

 

 

身体的にきつい夜勤が人より多い場合や残業を厭わずに長時間こなすというような看護師ですと、給料はもちろん、そうでない人たちより高めになります。

 

看護師は夜勤をするのが当たり前とされる場合が往々にしてあり、育児との両立を目指す看護師にとってとても難しい問題となっています。

 

 

 

小学生になる前の子供だったら、24時間保育を行っている保育所の利用や託児室を完備している病院に勤務する場合はそちらに預けるなどの方法もありますが、子供が小学校に上がると預け先がなかなか見つからないというのが現実です。

 

 

 

そのため、やむを得ずパートで勤務を続けるという看護師の方もかなりの割合で存在しています。看護師とはどんなイメージを持たれているかといえば、別名「白衣の天使」ということからも往々にして、好意的な印象を与える仕事であると思います。

 

けれども、昨今の看護師の働き方の実情を鑑みると、収入としては決して少なくはありませんが、なかには夜勤や長時間残業の看護師も多くいるのです。肯定的側面を見るだけではなく、本質的に看護師の労働環境はどうなのか、しっかりと見極めることが重要でしょう。24時間対応が求められることの多い、看護師という仕事の勤務時間についてですが、案外、ある程度自由にできる面も無い訳ではありません。

 

 

 

どうしてもシフト次第という点があるのは否めないものの、休暇を時間単位で取ることもできますから、子育てと両立させながらそれ程無茶をすることなく、働き続けることが可能、と考えられているようです。

 

どうしても子育て中だと、いきなりの退勤などが多くなります。しかし、なんとか対応していける主な理由は、勤務時間を調整しやすい看護師という仕事だからこそ、なのかもしれません。
補足としてですが、勤務時間は基本的には8時間となっています。

 

 

そもそも看護師といえば専門職であり、活かせる技能は多岐に渡ります。

 

そして、医療現場をはじめ、いろいろなところで常に必要とされています。その為、再就職などもかなりスムーズにいくことが考えられますし、丹念に当たってみるなら、理想の条件に近い職場も、見つけられるのではないでしょうか。

 

 

幸い、ネット上を少し見てみると看護師の転職をサポートする専門の求人サイトなどが豊富にあるようですので、活用しつつ、最適の仕事先を見つけてください。