ナースではたらこ




東証一部上場企業「総合求人情報ポータル」の老舗・ディップ株式会社が運営



全国各地の医療機関情報・日本最大級、看護師専門の転職・求人サービス



多くの看護師さんに支持され、満足度第1位 (※:調査機関:楽天リサーチ 2015年4月/20〜40代)



Webに公開されていない最新の非公開求人も登録者限定でご紹介



「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんな看護師さんを応援








ナースではたらこ 詳細はこちら






https://iryo-de-hatarako.net/







ナース人材バンク





年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス




看護師紹介・業界一の老舗・東証一部上場 エス・エム・エス キャリアが運営




全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート




求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ




転職利用者の97%が満足の転職支援サービス

 (平成26年1月ナース人材バンク成約者アンケート調べ)






ナース人材バンク 詳細はこちら






https://www.nursejinzaibank.com/






マイナビ看護師





株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス





医療系転職支援サービスのプロがサポート





日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など




豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり





マイナビ看護師 詳細はこちら






https://kango.mynavi.jp/







パソナメディカル






医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ



登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介




登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー




なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実





パソナメディカル 詳細はこちら






http://nr.pasonamedical.com/







ナースパワー人材センター







看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア



業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用



沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評





ナースパワー人材センター 詳細はこちら





http://nursepower.co.jp/























































ナースフル看護師転職

改めて言うまでもなく、医療関係の代表職である医師と看護師ですが、二つの職業の差異はどこにあるのでしょう。明らかな違いといえば、医師がすべきことは患者さんの診察を行い、そしてそれに沿って治療を行うということや、予防するためにはどうしたらいいか忠告したり薬剤の処方を行うことが主な仕事です。

 

そして看護師については、医師の指導の下、医師が診療を行う際に、その補助をすることや心身ともに患者のケアするのが主な業務です。

 

 

 

どうしても、看護師という職業においては煙草を嗜む人が多くない印象がありますが、いかにもその通りで、国民の平均的な喫煙率よりも少ないことが分かっています。
病気の患者と接する職業上、煙や臭いをつけないよう、意識的に禁煙している人が少なくない様子が理解できると思います。

 

 

子供のころから看護師になるのが夢だったのですが、色々と事情があって就職し、会社員としてしばらく働きました。ですが、やはり看護師になりたいという夢を諦められなかったです。無資格でも看護関係の仕事に就くという事も選択肢の一つでしたが、どうせなら、しっかりと資格を取って働きたいと思っていたら、看護助手として勤務しながら看護師資格を取る方法があることを知りました。

 

看護師の夢をかなえる道が見つかって、とてもうれしいです。なんといっても、看護師という職業は給料面においては他職種より恵まれていることがほとんどでしょう。
それが理由なのかはわかりませんが、洋服に気合いが入った人が少なくありません。

 

そうはいっても、看護師といえば大変多忙な仕事でもあります。

 

 

 

働きづめの病院もあり、せっかく収入があっても使うタイミングがなく貯まり続けるだけというのは珍しくありません。収入だけでなく、休日に関してもよく考えて、バランスのいい勤め先を選ぶのが最適なのだろうと感じています。勤務中の看護師というのは常に神経を使うことになりますし、そうしたことにより大抵、大きなストレスを感じることになるはずです。つまりこの仕事は、体力的につらい面に加えて、メンタル面にもつらい部分があると言えます。溜めてばかりだと良いことは少しもありません。解消の仕方を知っているかどうかということは、この仕事を続けていくのであれば大事な点になるでしょう。転職活動を行う時には、看護師の場合にも履歴書を書かなければなりませんが、その際、注意点があります。何だと思いますか?それは、履歴書で最重要と言っても過言ではない、志望した動機について、どのように表記するかということになります。どうするのが良いかというと、雇用条件や労働環境の良さを志望理由とするのではなく、成長に繋がるといったことや、「それまで身に着けたことを生かして働けそうだから」といった理由のように、意欲溢れる動機がベターでしょう。

 

 

 

医療に関わる職種の中でも看護師という職業は「特殊な仕事だ」と考えられる方もいらっしゃいますが、他の仕事と同様に、労働組合のようなものがなければ雇用条件において不利になることも生じて、ひいては患者にとっても良くないといったケースも生じ得ます。

 

 

 

看護師というものはストライキをすることも難しく、雇う側の立場の人間が、きちんとした配慮を行うことが重要であるということに疑いの余地はありません。

 

 

 

将来、看護師として働くための教育を受けられる機関として広く知られているとは思いますが、看護大学に行く場合あるいは看護専門学校に行く場合の、二種類の方法があります。
そこで学ぶことの中身自体はあまり変わりはないのですが、違いを挙げると、大卒ではキャリアアップに有利なことが多いという点と専門学校を卒業した場合と比べるとやや給料が良くなります。他方、看護師の専門学校の利点を挙げると、大学に通うより学費の負担が軽減できて、実習時間が多く設けられているため、働き始めた時点である程度の戦力になることが出来るということです。初めて看護師として働こうと思っても、就職先が決まらず困っている話を聞きますが、もしかしたら年齢制限によって弾かれている可能性があります。
求人において表面上年齢について書いていない場合も、場合によっては、病院が内実に年齢を理由にした不採用をあらかじめ決めている場合もあります。例えば、未経験で30代以上の方が初めて看護師として働くといった場合では厳しい就職活動になることは間違いないでしょう。

 

 

 

仕事を続けながら、妊娠を継続させている看護師は大勢いますが、気を付けてほしいことはとにかく、放射線被曝には注意しなければいけません。放射線治療やCT、エックス線撮影をはじめ、病院内で働く限り、危険はいろいろありますので、油断は禁物です。
それからまた、薬の取り扱いについても薬品に触れることは大変に多い訳ですし、軽く考えない方が良いでしょう。
そして、立ち仕事や交代制勤務など、ハードワークで知られた業界であり、残念な流産や、早産の危険がとても高いです。ぜひ妊婦としての自覚を持って、適度に休憩してください。夜勤を含めた交代勤務が必須など大変な仕事を抱える看護師ですが、特別に気を配る必要がある仕事が、申し送りです。入院中の患者さんについての状態を全て理解して、しっかりと交代する看護師に伝える必要があります。

 

 

 

それほど重要でない情報も少なくないですが、医療的に重大な処置に関する申し送りは間違えたり言い忘れがあってはいけませんから、誰でも慎重になります。かなり以前は、仕事としての看護師は、かなりハードな部類に入ると感覚的に捉えられ、そうしたイメージが定着していたようでしたが、昨今、看護師と言えば苦労の多い仕事ながらも、それ相応の報酬が入ることを、知らない人はあまりいないはずです。看護師の手にする給料というのは、家庭でただ一人の働き手であったとしても問題なく、世帯収入を背負っていけるくらいの額はもらえます。今更言わずと知れたことではありますが、高給を得られる仕事であるのは確実です。
看護師という仕事が激務であることには異論の余地がありません。

 

病棟勤務に従事していると、重症の患者さんを担当することもあり、この人たちはいつ何時、急変してもおかしくありませんので緊張感で大変です。

 

 

 

それから、必要な人には、身の回りの世話や手伝いといったことも看護師が行います。急に手術の予定が入るようなことはしょっちゅうですし、スタッフの数が少ない夜間に何度もナースコールが鳴って、対処が必要になったり、めまぐるしくゴタゴタする夜を過ごすこともあります。

 

オン、オフの期間を調整できて、したい仕事を多くの中から選べるのが派遣という形で働く看護師にとっての、大きな利点ではないでしょうか。働く期間も様々で、単発、短期、長期の仕事もむろんあります。

 

 

 

なにしろ、こちらに都合の良い派遣先を、ある程度選べる訳ですから、看護師の仕事を探しているのであれば派遣という方法もある、ということを頭に入れつつ、職探しをしてみると、視野が広がるかもしれません。
看護師をするきっかけとして欠かせないものに「給料が高い」ということがあります。例えば、一年目の給料で見てみても同世代の新入社員と比較して収入が高めだといえるはずです。ただし、そんなに高いお給料ももらえるのですから、その分、自分自身も精進に励み、患者さんに貢献していかなければなりません。

 

 

 

看護師は比較的稼ぎの良いイメージがつきものです。

 

 

 

場合によっては人の一生を左右する責任の重い仕事ですし、夜勤等、ハードな職業ですが、実際の給与の平均を調べてみると、他の業種に比べて平均して高水準を続けられることが目立ちます。
景気や経済に影響されにくい職業だということもアドバンテージになっています。これらの高給や安定性を重視するならば看護師を選ばない理由はないでしょう。

 

公務員看護師になるには、病院の中でも国公立の病院に勤めることなんです。そもそも、看護師は専門職で長く勤務することが出来る安定した仕事だということで勉強する人も多いのですが、加えて公務員に準じたメリットがつけば安定性は確実です。
安定した収入と、解雇の心配が少なく、福利厚生が手厚いという点は魅力的なメリットです。

 

実は、看護師にはちゃんとした階級が存在するのです。トップに位置するのは、職場によっても違うのですが、大抵は看護部長、総看護師長といわれる階級です。
どういう人が出世するのかというと、長い間同じ病院に勤めて実績を残しておき、周りの人間の信頼を得るように努力することが必須になります。もちろん、階級が上がればその分、高収入になる事は間違いないでしょう。