マイナビ看護師


株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス
医療系転職支援サービスのプロがサポート

日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など
豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり



マイナビ看護師 詳細はこちら



https://kango.mynavi.jp/




ナース人材バンク



年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス
東証一部上場の安心企業が運営

全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート
求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ



ナース人材バンク 詳細はこちら



https://www.nursejinzaibank.com/




パソナメディカル



医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ
登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介

登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー
なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実



パソナメディカル 詳細はこちら



http://nr.pasonamedical.com/





看護のお仕事




全国求人対応・転職成功で、転職支援金あり
業界最大級の非公開求人(=好条件求人)保有数

地域ごとに専任のコンサルタント。
地域密着型のご提案が可能



看護のお仕事 詳細はこちら



http://kango-oshigoto.jp/




ナースパワー人材センター




看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア
業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用

沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評



ナースパワー人材センター 詳細はこちら



http://nursepower.co.jp/


















ナース転職サイト比較研究所

数年間、専門機関で学んで資格を取得する看護師は、言わずと知れた看護のスペシャリストであり、景気に左右されることなく、いつでも求人があるという強みがあり、転職もしやすいです。

 

 

自身の結婚、出産あるいは転居など単に私事からの転職もよくあるものの、転職する人の中には、看護師としてもっとスキルを磨きたいがために、転職を望む場合も少なくありません。転職の動機がスキルアップなら、具体的な志望動機を示さないと肝心の転職自体、できない恐れがあります。もっと多くの経験を積むために総合病院を希望したい、小規模な病院では引き受けることのない、高難度の治療に関与したい、など積極性を感じられる理由を挙げたいところです。

 

 

看護師には夜勤がつきものですが、夜勤をすると決まって体調を崩すようであれば、日勤のみが可能な職場もあります。

 

 

 

注意点ですが、今までの夜勤手当といった割増賃金が入らなくなるので、夜勤で働く看護師より結果的に給料が減ることが少なくありません。
例え年収が下がったとしても、転職するのかどうか、後悔しないようにしっかりと計画する必要があります。
ハードでありながらも、大きなやりがいを得られる看護師の仕事ですが、最もやりがいを覚えるのは患者さんが元気になって退院していくだけでも嬉しいのに更に、後になって、病院まで挨拶をしに来てくれるような時でしょう。また、特に患者さんのご家族からとても喜んでもらえた時など、看護師になって良かった、と実感します。

 

世間で言われているように、看護師の仕事はかなり辛いものです。ですから、もしも仕事で、やりがいを得られなくなった時には、きっと辞職しようと願い、悩んでしまうと思うのです。すでに超高齢化社会となった日本ですが、病気のリスクを抱える高齢者の増加で、病院を訪ねる高齢者は増えて患者数の総数を押し上げており、看護師もますます忙しくなってきています。厳しい労働環境の中で、繰り返す残業と夜勤で無理をしたのか、過労死に至った看護師もいました。きつい夜勤を避けて日勤のみの仕事を探しても、自宅療養の患者のための訪問介護の仕事があったりして、それら介護系の仕事でも、高齢者の急な増加により、ますます看護師の需要は高まり、看護師は気が休まる暇もなく、業務に追われ続けています。ここ数年は看護師不足の傾向にあると考えられています。かつて看護師資格を取得したけれど、今は、看護の仕事についていないという人も多数います。

 

 

このように看護師が足りなくなるのは何故かというと結局のところ、看護師の離職率の高さにあると言えるでしょう。離職率がどのくらいかというと、常勤看護師で11%以上です。
女性の方が圧倒的に多い仕事のため、出産であったり育児であったりのタイミングでの退職が多いこともありますが、それに加えて、厳しい労働環境も、離職率を上げる要因だと言えると思います。
看護師になろうと思っていました。でも、家の都合によって結局OLになりました。
でも、夢を諦められませんでした。無資格でも看護関係の仕事に就くということも出来たのですが、どうせなら、しっかりと資格を取って働きたいと思っていたら、看護助手として勤務しながら看護師資格を取る方法があることを知りました。子供のころからの夢を叶えるために、頑張りたいと思います。
一般的な病院に勤める看護師の多くは、業務上、患者やその家族と関わることが多いので、信頼してもらえるような印象になるためにも、ヘアスタイルに配慮しなくてはなりません。
自分が患者なら、どのような印象の看護師に信頼を置けるかを考えながら、まずは清潔感を重視した髪形にすることがポイントです。

 

 

とはいえ、職場の環境や方針次第では、比較的、自由なヘアスタイルが認められている場所もあることを知っておいた方が良いでしょう。高い給料をもらっている看護師でも、もっと収入を得たいと考えて、Wワークに挑む人もいます。

 

Wワークに向いた仕事も様々で、健康診断をサポートしたり、修学旅行などに同行するツアーナース等々、単発の仕事や短期の仕事も、正によりどりみどりで、うまく休みを使えば、Wワークで稼ぐことも結構、簡単にできるのです。

 

 

 

ですが、本業で勤めている病院で副業をしないように、というお達しが出ていることがあります。そして、大体、本業自体がとんでもない激務なのですから、無理をしてまで副業を行うのは、感心できません。

 

 

 

転職を希望する看護師の、その理由を聞いてみるといろいろな答えが返ってきます。

 

どこの医療機関でも、看護師は人手不足になりがちで、求人はいつでも、とても多いというのが現状です。

 

せっかく高い志で勤め始めた現在の仕事場においてどう考えても給料が労働に見合わなかったり、身体が辛いのにどうしても休めない、など、看護師が転職を希望するようになったわけは多様です。そして、今より良い環境を求めて転職したいのでしたら、できれば給料とか労働条件だけではなくて、そこの評判や噂なども知ることばできれば、なお良いでしょう。

 

看護師とはどんなイメージを持たれているかといえば、別名「白衣の天使」ということからも世間一般では職業的なイメージは悪くないという人が大半だと思います。
ただ、看護師の現状はというと、給料としてはまあまあもらえてはいるようですが、その実は、夜勤や長時間残業の毎日を送っている看護師も多数いるのです。

 

肯定的側面を見るだけではなく、看護師の勤務の仕方の実情というものを理解することが必要です。

 

看護師資格の一番のプラス面といっても過言ではないのが、やっぱり、働いていない期間が長くあったとしても、また看護師に戻れるという点です。

 

 

 

これはなぜかというと、看護師が専門職であることに加え、人が足りていないことが大きな原因といえます。

 

 

 

どこに転職するか、またどういった雇用形態なのかなどに特にこだわっていなければ条件に合えばすでに50代になっていても再び働くことができます。

 

看護師という仕事をしているのは女の人が多いので、結婚や出産を機に仕事を一度やめる人もたくさんおり、比較的離職率が高い職業です。それにプラスして、勤務する時間が不規則だったり、厳しい労働環境であることなどが影響して離婚してしまう人も多いと言われています。

 

お金に関しては一人でも子育てに困らないくらいの給与があるということも離婚へつながる一因とも考えられます。
看護師の勤務は交代制ですが、それ故に、多くの病院では、申し送りを行っています。

 

 

 

入院患者さんの状態、変化、医師の指示など、追加されたり改められたりした諸々の伝達事項を口頭で直接、次の人に話します。患者さんに関する重要な情報ですから、相手に間違いなく伝わり、わかってもらえるよう丁寧に話すことが大事です。また、申し送りに時間をかけると、その間に人手が減ることになりますから、要領よく、そして素早く行うことも求められます。看護師を題材にしたドラマがよくありますが、あの様にはいかないのが現実なのです。通常業務のみでも大変忙しいのに加え、業務時間以外にも仕事が多くあり、仕方なく残業することも日常茶飯事です。それでも、もし忙しくて疲れがたまっていたとしても、患者さんやご家族に対しては笑顔でいなければなりません。
さっきまで愚痴っていた人がすぐさま笑顔を向けられるのだから、看護師は女優顔負けだなと感じてしまうことさえあります。

 

 

 

職業上、看護師という立場では煙草を嗜む人が多くない印象がありますが、いかにもその通りで、国民の平均的な喫煙率よりも少ないことが分かっています。病気の患者と接する職業上、煙や臭いをつけないよう、注意している人が少なくない様子が分かるのではないでしょうか。殆どの病院において、看護師が十分に足りていないことは社会生活に支障をきたすほどの問題になっています。

 

 

理由としては、厳しい労働環境にあると言えるでしょう。看護師が医師の指示がなくとも一部の医療行為をできるようになったため看護師が覚えなくてはならない仕事が増えて、仕事に拘束される時間も長くなり、休みを取ることも難しいのが現状です。
交代制の勤務が大半なため、出産後に夜勤で働くことができずに、辞める道を選ぶ人も多いのです。働く場所がたくさんある専門職、それが看護師ですが、実際に医療現場をはじめ、いろいろなところで常に必要とされています。
その為、再就職などもかなりスムーズにいくことが考えられますし、少し念入りに求職活動を試みれば、希望通りの職場が見つけ出せる可能性があります。近頃ではインターネット上に看護師の転職をサポートする専門の求人サイトなどが増えてきていますから、会員登録して上手く活用しながら最適の仕事先を見つけてください。病院の統合や閉鎖が話題に上がっていますが、医師不足や看護師不足への対応が急務となっています。

 

 

 

日勤だけでなく夜勤でも働いて、不規則な毎日を送りながら急患にも応じなければならないので、たくさんの看護師がかなりの重労働をこなしているといわれています。

 

 

男性看護師の割合も増加しているのですが、現在のところ、まだ女性の方が圧倒的多数の職業であるため、ストレスが蓄積されたり、自分のタイミングでトイレにいけないため、便秘を患っている看護師も多くいるということは分からなくはない話です。