ナースではたらこ
日本最大級の看護師専門の転職・求人情報サイト
看護師人材紹介「満足度No.1」(楽天リサーチ調べ)

常勤・非常勤どちらもご紹介可能
ネットには出ない非公開求人多数


ナースではたらこ 詳細はこちら


http://iryo-de-hatarako.net/


リクルート・ナースフル
とらばーゆ、タウンワーク、リクナビ等で年間100万人以上
の転職を支援のリクルートが運営

首都圏/関西/東海/九州エリアの求人に強く
上京サポートも充実


ナースフル 詳細はこちら


https://nurseful.jp/


看護のお仕事
全国・24時間電話対応・転職成功で、転職支援金あり
業界最大級の非公開求人(=好条件求人)保有数

地域ごとに専任のコンサルタント。
地域密着型のご提案が可能


看護のお仕事 詳細はこちら


http://kango-oshigoto.jp/


ナースパワー人材センター

看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア
業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用

沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評




ナースパワー人材センター 詳細はこちら



http://nursepower.co.jp/


ジョブデポ看護師転職・求人

8万件以上の求人件数を誇る日本最大級の看護師
専門の転職支援サービス

希望条件を専任のコンサルタントに伝えるだけでスピーディーにお仕事をご紹介
ご入職が決まると、最大40万円のお祝い金をプレゼント


ジョブデポ看護師転職・求人




https://j-depo.com/


ベスト公式看護師転職

働き方の違いで、看護師であっても収入に差が出ます。正社員として勤務していると、給料は月給制ですが、週に何日か働くパートですと、給料は時給計算になります。

 

 

具体的な金額としては夜勤なし、日勤のみだと1300円から1800円といったところが大体の相場らしいです。

 

 

時間いくらのパート勤務にしてはかなり高額だと思える人もいるでしょうけれど、人の命に関わる責任の重さや休む間もなく仕事に追われる環境について思い至ると、あまり良い時給ではないのかもしれません。
看護師が転職を考え始めるきっかけやその理由はいろいろで、転職希望者は意外と大勢いるようです。慢性的に看護師の数が足りない、とする医療機関は多く、需要は高まる一方で、そういう訳ですから、求人数は安定して多めです。今、働いている仕事場では希望の配属先につけず、辛い思いをしているとか、手当もろくに出ないのに残業がやたらと多いなど、看護師が転職を希望するようになったわけは多様です。
もしその理由が、現状よりも環境や待遇を好転させたいというものなら、できれば給料とか労働条件だけではなくて、どんな評判が流れているか、確認しておきたいところです。国外で助けを求めている人に、日本の医療を提供できたらという考えを持った看護師の方が増えています。海外からも日本の医療を求める声が大きくなっていますから、病気で苦しんでいる人を救うことの出来る看護師が必要になっています。海外においては医師や患者と意思疎通をはかる上で、英語を話せることが絶対条件になります。

 

 

 

海外の機関で看護師として働きたいと思うのであれば、しっかりと英語を学ぶ事をお勧めします。

 

 

このご時世、「看護師は比較的お給料がいい」というイメージを持たれている方も多いことでしょう。しかし、内実は純粋に多いというよりも、夜勤の手当てを含めて給与が増えているという状態です。ですから良い給料で看護師をしたいというのならどこで働くか考える時、日勤のみではなくて夜勤がある勤務先を選択してください。夜勤で勤務できるかどうかで給料の額は違ってきます。
看護師として働く中で、もし妊婦となったのであれば、気をつけたいのはする必要のない放射線被曝を絶対にしないこと、これに尽きます。放射線治療やCT、エックス線撮影をはじめ、病院内で働く限り、危険はいろいろありますので、油断は禁物です。薬品についても調整や投与など、薬の曝露に遭いかねない機会は意外と多いので、放射線被曝と同じくらい、注意が必要です。

 

 

立ち仕事や夜勤シフトなど、看護師の仕事はかなり身体に厳しい仕事で、母体への負担が大きいあまりに、流産や早産になることも多いのです。

 

 

 

それを踏まえ、妊娠期間中だけでも、きちんと休憩を取って無理をしない勤務を徹底してください。
看護師と言えば、大きなやり甲斐を感じながら働ける仕事の一つであるのは確かですが、その一方で困難もまた様々なのです。肉体的にも精神的にも大変な仕事であることはよく知られていますし、勤務時間の問題もあります。24時間対応が求められる故の交代制で、不規則であることも多く、その上に、医療現場という緊張感もまた並大抵ではなく、そういった空気がスタッフ同士の小さなトラブルを生むこともあるでしょう。

 

ハードさを充分納得しつつ、看護師のお仕事を目指そうとする人が大勢いるというのは、短所を帳消しにできる意義のある仕事であり、充足感があるのでしょう。

 

看護師という仕事に就いている方の中では、勤務する時間がイレギュラーであることにプラスして厳しい労働環境であることなどが影響してまったく違う仕事に移る方も少なからず存在するそうですが、看護師の資格を持っているということは意外とそれ以外の職場にとっても役立てられることがよくあるといいます。

 

例として、病人への対応や体の仕組みに関する知識があり、人の体を扱うことにも慣れているので、保育関係やリラクゼーションサロン等といった仕事では、やったことがなくても比較的簡単に採用されるでしょう。医師の仕事と看護師の仕事の間の、二つの職業の差異はどこにあるのでしょう。

 

大きく言うと、医師は患者さんの診察と治療、予防するためにはどうしたらいいか忠告したり薬を処方することが仕事とされています。それに対して、看護師は、医師の指導に則って、診療時に医師の補助を行って、患者の看護を行います。
看護師として患者から信頼してもらうためにも、看護師は服装や外見を意識しておく事を忘れてはいけません。メイクをする女性の場合、けばけばしいような派手なメイクは厳禁ですから、病院に適したナチュラルメイクを施すのがおススメです。
素顔の時ともまた違っているので、きちんとした雰囲気になるので、周りに与える印象がガラッと変わると思います。

 

働く場所がたくさんある専門職、それが看護師ですが、実際に慢性的に人手不足のところが多く、常に求められています。
なので再就職を希望したら、それはすぐに実現できるでしょう。

 

しかも、丁寧に探してみれば、希望通りの職場が見つけ出せる可能性があります。近年においては、ウェブ上のサービスとして看護師を対象とした転職、求人を扱うサイトなども増えてきていますから、上手にそういうものも使って自分にぴったりの仕事先を見つけることができるといいですね。

 

 

 

男性も増えてはきたのですが、まだまだ看護師として働くのは女の人が多いので、結婚であったり、出産であったりで一度職を離れる人も多く結果的に離職率が高い仕事となっています。それから、働く時間が規則的でないこととか、厳しい労働環境であることなどが影響して離婚に至ってしまう人の割合も高いと言います。お金に関しては一人でも子育てに困らないくらいの給与があるということも離婚してしまう人が増える一つの原因になっているかもしれません。
もし転職される場合には、看護師の皆さんも履歴書が必要なのですが、一つ注意しておかなければならないことがあるのです。何に気を付けるべきかと言いますと、履歴書の項目の中でも特に大事な志望した動機について、どのように表記するかということになります。

 

具体的に言うと、雇用条件や労働環境がよかったから志望したと書くよりも、技術を磨くことが出来そうだからというような動機や、今までやってきたことを活かすことが出来そうだというような理由など「この人はやる気があるんだな」と感じられるような内容がいいのではないでしょうか。一口に看護師と言っても様々な違いがあると思うのですが、やはり収入の面で恵まれている印象を受けます。もちろん、病院では責任のある仕事を任されることもありますし、夜勤が必須になるなど大変な仕事ですが、給料で見れば安定して高給だということが見て取れます。また、景気に大きな影響を受けないことも看護師の特徴です。これらの高給や安定性を重視するならば看護師を選ばない理由はないでしょう。
看護師も長く勤めて周囲の信頼を得ていくと昇進し、階級が上がることがあります。階級として、婦長などは分かりやすい役職ですが、他にも階級ごとにいくつかの役職があります。
最近はパートの看護師や看護学生が病院で勤めているケースも少なくありませんので、国家試験をパスした正看ともなれば役職的には上の立場になるわけです。収入に関しては階級が上がって役職になれば優遇されますが、その責任も大きくなることを理解しておきましょう。働く看護師にとって頭が痛い問題といえば、対人関係の問題や夜勤などの勤務形態に体が合わないといった問題があります。看護師には女性も多いので、人間関係が複雑に入り組んでいるようなところも少なくありません。勤務時間が不規則で、夜勤を避けられないのも健康上好ましくありません。自分の健康を害するほどのストレスを溜める前に、潔く転職し、もっと環境の良い職場で働くのも選択肢に入れておきましょう。

 

 

勤務中の看護師というのは緊張の糸を切らすことがなかなかできず、これが続くとどうしても大抵、大きなストレスを感じることになるはずです。
要するに、身体的に大変な仕事、というのはもちろんのこと、メンタル面にもつらい部分があると言えます。そうして溜めこんだストレスを解消させるメソッドを知っているかどうかということは、看護師であり続けるためには重要なキーポイントになり得ます。不安や悩みを抱えている患者から見ると頼りになる看護師の存在は気持ちを前向きにしてくれるものですが、実際の勤務状況は過酷で辛いものも多く、覚える必要のある仕事や繰り返しのチェックなど相当の緊張とストレスがかかっている事もあるのです。なので、結果的に心を病んでしまうような看護師も少なくないそうです。性格的に、真面目で責任感が強いと言われる方やストレス発散が上手くないという方は、自分の心が疲れていないか気を付けるようにしましょう。若い方はあまり知らないかもしれませんが、昔の看護師は大多数が女性でした。
しかし最近の傾向は、どこでも看護師の名称が使われ、男女共に働く職業となってきました。看護師に求められる能力を考えてみると、看護師に関する変化は、時代の流れとして自然なものだと言えます。

 

母性を感じるような優しさはもちろんですが、それ以上に体力の多さや冷静な判断力、瞬発力といった要素も、看護師に求められる要素だといえるでしょう。