看護師求人































ナースではたらこ




東証一部上場企業「総合求人情報ポータル」の老舗・ディップ株式会社が運営



全国各地の医療機関情報・日本最大級、看護師専門の転職・求人サービス



多くの看護師さんに支持され、満足度第1位 (※:調査機関:楽天リサーチ 2015年4月/20〜40代)



Webに公開されていない最新の非公開求人も登録者限定でご紹介



「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんな看護師さんを応援








ナースではたらこ 詳細はこちら






https://iryo-de-hatarako.net/







ナース人材バンク





年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス




看護師紹介・業界一の老舗・東証一部上場 エス・エム・エス キャリアが運営




全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート




求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ




転職利用者の97%が満足の転職支援サービス

 (平成26年1月ナース人材バンク成約者アンケート調べ)






ナース人材バンク 詳細はこちら






https://www.nursejinzaibank.com/






マイナビ看護師





株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス





医療系転職支援サービスのプロがサポート





日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など




豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり





マイナビ看護師 詳細はこちら






https://kango.mynavi.jp/







パソナメディカル






医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ



登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介




登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー




なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実





パソナメディカル 詳細はこちら






http://nr.pasonamedical.com/







ナースパワー人材センター







看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア



業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用



沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評





ナースパワー人材センター 詳細はこちら





http://nursepower.co.jp/























































企業看護師求人転職相談

根本的に給料が低いといった先入観が看護師の心中に深く根付いているので、これをきっかけに転職を実行する人もすごく数多くいて、毎年看護師が転職をする主な理由1〜3位内に顔を出しているというのが実情といえます。
今日看護師さんの業種の就職率は、信じられないと思いますが100パーセントです。看護師の慢性的に不足していることが広がっている様子が、データ値を表すことになったというのは、言うまでもないといえます。
実は臨時職員募集案件をいつでも出しているという病院に関しては、「臨時職員でも資格を持っていればいいから」ととにかく人材を寄せ集めしようとしていると予測されます。逆に正規雇用の人材のみを募集をかける病院・クリニックは、比較的看護師の在職率がGOODだと言えるでしょう。
一般的に看護師の給料は、全部とは言えないわけですが、男性・女性両者同じ位の度合いで給料の額が定められているということがほとんどで、男性と女性の間にこれといった差がないのが現実でしょう。
実際“好条件”&“高給料”の新たな病院への転職など、看護師が転職を目指す動機は各人各様であるのですが、世の中的に看護師不足が深刻になっていますため、多くの転職を希望する人に対応するだけの沢山の求人数がございます。
現在転職活動しようと思っているのでありましたら、大体5件程度の看護師求人サイトに会員の申込みをしてみて、就職活動を展開ながら、自身にマッチする求人条件先を見つけ出す方が希望の転職先に出会う近道です。
ここ数年は長い不況が継続していますが、ところが看護師業界内についてはあまり不景気のダメージを強く受けることなしに、いつでも求人案件は数多く存在しており、環境・給料などより良い新しい職場を希望し転職をする看護師が目立ちます。
病院で透析を担当している看護師については、様々なそれ以外の科よりもすごくハイレベルのノウハウ&スキルが必要不可欠なため一般病棟に配属されている看護師に比べても、給料の額が高く手当てなどが上乗せされていると思います。
検診専門施設や保険所なんかも看護師における就職先の一部であります。健康診断が実施されるときに働いている日本赤十字血液センターなどで勤めている人材も、当然看護師の免許を有している人らになるのです。
一般的に看護師は、女性でありながら給料が多い高収入の職業だと言っていいでしょう。けれど3交代制の勤務スケジュールだとライフサイクルが狂いがちで、また患者さん側から様々な不平がきたりとストレスがたまりやすいです。
目下社会の高齢化が本格化している今日、看護師の就職先としてかなり注目を集めているといえば、「福祉」に関与している業界でしょう。福祉施設や老人福祉施設等で勤務するという看護師数は、間違いなく増加傾向にあります。
医療機関によって看護師の給料につきましては、想像以上の幅がみられ、年収550〜600万円を超えている人も割とおります。だけど長い年月勤め続けていても、全然年収が上がっていかないという現実も見られます。
大卒であったとしても、新採用してくれる就職先が全然決まらないつらい実態でありますが、そうは言っても看護師を見ると、病院はじめ医療現場での人材不足によって、転職先がより取り見取りあります。
首都圏での年収相場に関しては、割と高く進んでいますが、ネームバリューがある病院は、給料を低くしても看護師の方から応募してくるので、安い金額にカットされている実情が多数あるので良く調べるようにしてください。
すぐに辞表を出す看護師の割合が高いという現状は、数年前から指摘されていて、就職しても1年以内にすぐ辞職する人が大半であるととのことです。