ナースではたらこ




東証一部上場企業「総合求人情報ポータル」の老舗・ディップ株式会社が運営



全国各地の医療機関情報・日本最大級、看護師専門の転職・求人サービス



多くの看護師さんに支持され、満足度第1位 (※:調査機関:楽天リサーチ 2015年4月/20〜40代)



Webに公開されていない最新の非公開求人も登録者限定でご紹介



「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんな看護師さんを応援








ナースではたらこ 詳細はこちら






https://iryo-de-hatarako.net/







ナース人材バンク





年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス




看護師紹介・業界一の老舗・東証一部上場 エス・エム・エス キャリアが運営




全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート




求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ




転職利用者の97%が満足の転職支援サービス

 (平成26年1月ナース人材バンク成約者アンケート調べ)






ナース人材バンク 詳細はこちら






https://www.nursejinzaibank.com/






マイナビ看護師





株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス





医療系転職支援サービスのプロがサポート





日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など




豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり





マイナビ看護師 詳細はこちら






https://kango.mynavi.jp/







パソナメディカル






医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ



登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介




登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー




なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実





パソナメディカル 詳細はこちら






http://nr.pasonamedical.com/







ナースパワー人材センター







看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア



業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用



沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評





ナースパワー人材センター 詳細はこちら





http://nursepower.co.jp/























































公式ベスト看護師再就職

皆さんは「看護師は給料を多くもらえている」という印象があるかもしれません。

 

 

 

実は夜勤の分の手当てによって総額が上がっている場合が多いです。ですからナースとして働いて、給料は良い方がいい、というのであれば勤務時間帯を重視し、日勤だけのところを避け、できるだけ夜勤帯のナースとしても活躍できるところにするといいですね。

 

 

 

夜勤の有無によって貰える給料が大きく異なってきます。

 

 

 

資格の面からみると看護師の資格というものの最大の利点は、なんといってももしも離職している期間があっても、再び看護師として働くことが比較的容易だということです。
どうしてかというと、看護師の仕事が専門職だということ、働き手が足りていない現状が根拠として挙げられます。

 

 

 

転職先も雇用形態も特に希望しなければ極端に言えば五十代でも復帰できます。

 

 

一般的に異性から好かれる要素の多い看護師でも、意外と未婚の人が多いようですね。実際のところ、看護師の結婚年齢は早婚と晩婚の差が開いている事が分かりました。

 

 

 

結婚が遅くなる人に多い理由は、日常の仕事に忙殺されて私生活の充実が疎かになっていたり、出世を第一にすることで結果的に晩婚化しているといったことが主な理由のようです。

 

 

かなりのハードワークとして認識されている仕事ではありますが、忙しさのあまりに看護師の寿命は特別に短い、といった事実はなさそうです。ですが、交代制で夜勤があるなどで不規則な生活で、うまく睡眠をとれずに寝不足になったり、疲れから具合を悪くしたり、ストレスでまいってしまったりすることはあるようです。
なお、看護師という職についていると、ずっと医療現場にいることもあって、何かと詳しくなってきますから、患者の身体の状態が、ある程度わかることもでてきますし、自身の身体に関してもわかるようになったりするようです。
今以上に自分の看護師としてのスキルを上げたいと希望するなら、答えは簡単です。
経験を積む、これだけです。事に当たって、全てに対応できる手引書が用意されているといった単純な業務とは言えませんから、たゆまぬ努力と、研鑽を重ねていくしかないのです。

 

ところで、更なるスキル向上を狙って新しい職場を探す、という人も少なくありません。

 

規模の大きい病院に移って腕を磨きたいという気持ちからくる、とてもアグレッシブな転職になります。

 

少々手間もあるのですが、利点が多い看護師の能力評価については、近年ではだいぶ行なう病院が増えてきました。
個人ごとの能力を測ることを目的に、一からスケールを作っていった病院もあるようです。
評価を行なうのは、毎月の病院や、年に一度だけ、という病院もあるようです。

 

 

看護師は、こうして定期的な評価を受けることで、次回の評価までにこうしたい、という目標ができますし、自分の仕事に正しい評価を得られる喜びもあり、現場では好評のようです。

 

 

少子化や高齢化のために、医療の仕事を行う人々というのはより必要性が高まると考えられています。
そういった理由で現在も「看護師は売り手市場だ」といわれているのですが、しばらくの間はこの状態のままだろうと予想がつきます。

 

毎年多くの人が看護師資格に合格しているはずなのに、変わらず看護師の数が不十分だといわれるのはどうしてなのかといえば働きづらい環境や待遇のままで一向に改善しないため、退職に至るということが原因として挙げられます。

 

 

 

今、私は病院事務の仕事をしています。看護師さんとは正直、仕事中にはあまりかかわりがないのですがいつでも皆さん忙しくされています。家庭を持つ人は、夜勤がある時などは、家事はもちろん、育児に関してはより大変なのではないでしょうか。けれど、私の心配とは無縁に、臨機応変に動いておられることを感じたのは、忘年会の時に子供を連れてきている看護師さんが少なくないんですよね。

 

 

参加されていた先生方からも歓迎されていて温かい雰囲気でした。

 

看護師という仕事が激務であることには異論の余地がありません。

 

中でも病棟勤務ともなると、症状の重い患者さんを受け持つこともあるのですが、急に容態が変化してその処置に大わらわになったりしますし、食事の介助など、身動きの難しい患者さんのお手伝いも看護師の仕事です。

 

 

 

いきなり緊急手術が行われたり、夜間は夜勤業務の人ばかりで人手が少ないのにナースコールの数が多く、対応にかかりきりになってしまったり等、少々混乱してしまいそうなくらいにてんやわんやと忙しいこともあったりします。

 

病気や怪我のリスクが高まる高齢者が、人口の四分の一ほども占めるようになり、近年においては一段と医療機関を利用する人口が増加しています。

 

そうなってくると、医師と看護師ももっと多くの人手が必要とされているのですが、実際には、人手不足が深刻です。

 

 

 

けれども、それほど人手が足りない状況だと、人材を求める病院がそれだけたくさんあるということでもあって、看護師は引く手数多で、働き先をある程度選ぶことができるというメリットも確かにある訳です。

 

 

医師の仕事と看護師の仕事の間の、この二者間の決定的な違いといえばなんだと思いますか。

 

端的に言えば、お医者さんは患者さんの診察を行い、適切な治療を行い、予防指導を行ったり、そのために必要な薬の処方を行うといったことが仕事です。
対する看護師の仕事は、必要に応じて医師が出す指示の通りに、診療の補助をして、患者さんのケアをするということが中心です。

 

一般的に、看護師の中には煙草を吸う人が多くない印象がありますが、印象通り、看護師の喫煙率は平均を下回っているそうです。

 

看護師は病気の患者と接しますから、煙や臭いをつけないよう、注意している人が多い職業であるということが理解できます。昨今、より一層、看護師の数が足りなくなってきていると言えます。せっかく看護師資格を持っているにもかかわらず、看護師をやっていないというケースは少なくありません。看護師不足が起こる原因は看護師は離職率が高いという現実に起因するものだと思います。

 

実際の離職率はどのくらいなのでしょう。なんと、常勤看護師で約11%にも上るのです。
女性の方が圧倒的に多い仕事のため、子育てを理由に退職に至ることも多いですが、その他にも、過酷な労働環境も、離職の割合を高める一つの要因になっているのではないでしょうか。
よく知られていることですが、看護師の仕事というのはかなりハードではあります。

 

 

 

なので、辛いと感じることも多いでしょう。勤務形態も二交代だったり三交代制で、夜勤につくことになり、たいていの看護師は、体内時計を狂わせてしまって、そんな生活が、体調に響いてしまうのもよくあることです。
立ち仕事であり、責任も重く強いストレスを受ける仕事ですから、めりはりよく休まなければどんどん疲れていって、人によっては頭痛や腰痛を起こしたり、肩こりに悩まされたりして、心身への負担をしみじみと感じる事になってしまうでしょう。

 

 

検査や治療に当たっては採血や注射がつきものですが、これは一般的に看護師が行います。普通、好んで注射をされに行くような人はそうそう多くいるとは思えませんが、注射の必要があるのならば、ベテラン看護師にお願いしたいですよね。

 

 

 

ですが、痛みを感じるかは看護師の腕によるところもあって、注射が得意な人と不得意な人がいますから、残念ながら、何度も刺し直されたり痛くされてしまう事もあると思います。こればかりは個人でどうにかできる事ではないので、諦めて気持ちを切り替えた方が良いでしょう。
患者に安心して治療を受けてもらうためにも、看護師は服装や外見を意識しておくことが大切です。

 

中でも、女性の看護師は派手な化粧はなるだけ控えておいて、病院に適したナチュラルメイクを施すのが一番です。スッピンとはまた違って、雰囲気が変わることは間違いないでしょう。

 

免許が必要な専門職である看護師は医療や介護など、様々な場面で求められています。

 

ですから、再就職を考えたとしてもすぐに叶うでしょうし、そういった際に少々念を入れて就職活動をしてみると、自分にとって、かなり条件が合う職場にであうことも可能でしょう。

 

 

 

近年においては、ウェブ上のサービスとして看護師の転職をサポートする専門の求人サイトなどが思った以上に多数存在しますし、そういうサイトを巡ったり、会員登録をしてみたりしてぜひ充分に吟味を重ねて、相性のいい職場を見つけてみてください。看護師という職業は働く時間が規則的でないことや過酷な労働環境だということも相まって、まったく違う仕事に移る方も少なからず存在するそうですが、案外、看護師資格は看護師以外の職業でも実際に役立つことがよくあります。考えられるのは人体の仕組みをわかっており、扱いや病気の対応にも慣れていますから、保育関連、リラクゼーションサロンでは、未経験だったとしてもスムーズに採用が決まりやすいはずです。