ナースではたらこ
日本最大級の看護師専門の転職・求人情報サイト
看護師人材紹介「満足度No.1」(楽天リサーチ調べ)

常勤・非常勤どちらもご紹介可能
ネットには出ない非公開求人多数


ナースではたらこ 詳細はこちら


http://iryo-de-hatarako.net/


リクルート・ナースフル
とらばーゆ、タウンワーク、リクナビ等で年間100万人以上
の転職を支援のリクルートが運営

首都圏/関西/東海/九州エリアの求人に強く
上京サポートも充実


ナースフル 詳細はこちら


https://nurseful.jp/


看護のお仕事
全国・24時間電話対応・転職成功で、転職支援金あり
業界最大級の非公開求人(=好条件求人)保有数

地域ごとに専任のコンサルタント。
地域密着型のご提案が可能


看護のお仕事 詳細はこちら


http://kango-oshigoto.jp/


ナースパワー人材センター

看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア
業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用

沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評




ナースパワー人材センター 詳細はこちら



http://nursepower.co.jp/


ジョブデポ看護師転職・求人

8万件以上の求人件数を誇る日本最大級の看護師
専門の転職支援サービス

希望条件を専任のコンサルタントに伝えるだけでスピーディーにお仕事をご紹介
ご入職が決まると、最大40万円のお祝い金をプレゼント


ジョブデポ看護師転職・求人




https://j-depo.com/


公式best看護師求人サイト

医療施設で看護師として働いていた知人は、病気のためにしばらく看護師を辞めていました。ですが、身体の調子が治ったら、現場に復帰して、病院で看護師としての仕事を続けているのです。多少のブランクでも、資格があれば比較的復帰が楽になりますよね。

 

 

普通はブランクがあると再就職が難しいので、有利な資格を取っておいた方が安心ですね。

 

 

景気に関係なく求人が途切れることのない看護師は、転職が大変やりやすいといわれています。転職に際しては、まず履歴書にて選考を受け、これに通れば、面接試験を受けることになります。その場で、これまでの経歴や志望の理由について話をしたり、また質問されたりもすることになりますが、能力的なこと以外に、性格的な部分や、職場にスムーズに適応できそうか、という面もしっかりテストされていると思ってください。
人間的な良さをみてもらうことができれば、上出来です。
仕事場が医療現場であるだけに、看護師の責任は重く緊張の糸を切らすことがなかなかできず、こうした生活が続くと自覚の有る無しに関わらず、ストレスを溜めていることが多いです。

 

 

 

なので、あまり体にやさしくない仕事なのは当然として、精神的なきつさも感じることになります。

 

ストレスを和らげ、自らをケアする手段を持っているということは大きな利点であり、ハードな仕事である看護師を、長く続けていきたいなら重要なキーポイントになり得ます。正職員やパート、派遣といったように、看護師の働き方も色々ではありますが、それでも、殆どの人は医療機関で働いているわけです。看護師といえば病院で働くもの、というイメージがありますが他でも、実は看護師がその資格を活かせる職場は多々ありまして、例えば、市町村の保健センター、保育園、企業内、介護施設などです。
こうした職場で看護師として活躍する人も実際とても多いのです。

 

 

こうして、病院に限らずやる気があれば、仕事する場は多いので、結婚や出産をした、子育てが終わったなど、ライフステージの変化に合わせるようにしてその時々で最も条件に見合った所に転職していくことができます。
職場にもよりますが、看護師の給料というのは、様々な他職業と比べても、けっこう良い給料をもらうことができます。
責任の重い、医療現場を職場にしていることに加え、夜勤や残業が多く、それに対する手当を確実に支給されるからです。

 

どちらかというと夜勤が好きで、いつも希望している人であるとか進んで残業をたくさんするというような看護師ですと、給料はもちろん、普通に働いている他の人と比べると、かなり高くなるでしょう。

 

 

 

正社員として働く看護師もいれば、パート勤務を選ぶ看護師もいます。正社員の場合は月給制で、パート勤務なら、時給で支払われることがほとんどです。

 

 

具体的な金額としては夜勤なし、日勤のみだと1300円から1800円といったところが普通のようです。

 

 

 

時間いくらのパート勤務にしては高い時給だと一見思えるかもしれませんが、人の命に関わる責任の重さや心身両方に負担のかかるハードワークを思えば、どうしても安く感じてしまいます。病院は清潔感が大切ですが、そこで働く看護師も、病気の患者と接する機会が多いため、不潔な印象にならないよう、髪形にも配慮しなくてはなりません。

 

 

看護師として、患者からどのように見られているかを意識しながら、何よりも清潔に見えるヘアスタイルを選ぶことが大事です。

 

 

また、病院によっては、比較的、自由なヘアスタイルが認められている場所もあることを理解しておきましょう。

 

皆さん想像がつくと思いますが、看護師は女性がかなりの割合を占めている職業なので人生の中の、結婚や出産といった出来事をきっかけに退職する人も多くて離職率が高めの仕事であると言えます。それから、勤務時間がばらばらであることや、ハードな仕事内容であることが原因で最終的に離婚という選択肢を選ぶ人も多いということです。もし一人で子供を育てることになっても心配ないくらい収入があるというのももしかしたら離婚する割合が多くなる原因の一つかもしれません。
看護師として勤務していくうちに当然のようにやめたいと思うことも何度もあるでしょう。

 

 

 仕事上のミスや、患者さんに厳しいことを言われたりすることだってあります。そうはいっても、やりがいがあるという風に思う日も多いです。

 

 

 

先輩からの励ましや優しい言葉など、いろいろな方に支えられながらやってこれていることを感じています。離職率が高い職業として看護師が有名ですが、転職率も高いですね。
そうした傾向を踏まえ、看護師専門の転職サイトなるものが増えつつあります。

 

 

 

これらの転職サイトを積極的に活用すれば、時間をかけずに自分の希望する条件の求人を探せますから、仕事に追われて時間のない看護師にはぴったりですね。
どの転職サイトを利用すればいいのか悩む場合は、転職サイトのランキングなどを一緒に活用することをお勧めします。看護師として患者から信頼してもらうためにも、看護師はその外見に問題がないのか気を付けておくことが大切です。
女性の看護師の場合、派手なメイクは避けて印象の良いナチュラルメイクにするのが良いでしょう。

 

スッピンとはまた違って、雰囲気が変わることは間違いないでしょう。准看護師ではなく、国家試験を合格して正看護師になろうと考えるならば、看護課程の専門学校や大学を卒業するのが必須になります。看護課程を卒業すること自体が受験資格なので、避けようがありませんね。

 

とはいえ、看護の専門学校は人気があって倍率がかなり高いため、看護学校の受験合格を目指した予備校に通って受験対策をする人もいるようです。正看護師の資格が欲しいけれど、いま既に働いているという方は、通信教育課程もあるので、そちらで勉強して資格取得を目指すのがおススメです。看護師になるための手段として、皆さんご存知のように、二つあり、看護大学と看護専門学校がそれです。そこで学ぶことの中身自体はあまり変わりはないのですが、違いと言えば、キャリアアップするためには大学を卒業した看護師の方が有利で、専門学校を卒業した場合と比べるとやや給料が良くなります。

 

 

他方、看護専門学校の場合のメリットは、大学よりも安い学費で済み、カリキュラムとして実習がメインであるので、実習を生かして、即戦力となれる場合が多いことです。

 

勤務時間について、看護師というお仕事には、少し厳しいようなイメージがあるかもしれませんが、案外、ある程度自由にできる面も無い訳ではありません。

 

勤務表、つまりシフト次第ではありますが、有給休暇を時間単位で取る時間休をとることができます。

 

 

なので、子育てと両立させながら無理のない働き方が可能である、と思えるようです。

 

 

 

どうしても子育て中だと、いきなりの退勤などが多くなります。

 

しかし、なんとか対応していける主な理由は、ひとえに勤務時間の調整がしやすいからと言えるでしょう。

 

 

ついでに言うと、看護師も他業種と同じように8時間勤務です。
初めての病院で新人の看護師として働こうとする時に、配属先がどこになるか、というのはどうしても気になるものですが、100パーセント希望通りにしてくれるところもある一方、人事を担当する人の考えによって決められてしまうこともあるでしょう。

 

 

全く意外なところに配属されたら慌てますが、しかしそれも、その場所にその人が最適だという判定から、充分に考えられた配属であることが殆どです。もし、その配属先にどうしても納得がいかないのであれば、指導に当たる人や上司にそれを伝え、配属理由について聞いてみてもいいでしょう。高給取りで知られる看護師ですが、その中にも、更なる収入を求めて、副業に精を出す人もいます。
看護師の資格を持っていれば、健診センター、健康診断、ツアーナース、イベントナースなどといったその時だけの単発の仕事や、期間限定、短期集中の仕事もあるため、うまく休みを使えば、Wワークで稼ぐことも結構、簡単にできるのです。しかし、メインの方の職場で副業を禁止、としていることもあります。また、その前に本業での看護師の仕事自体が、相当ハードなものとあって、あまり無理をしてまでダブルワークを行うのは、良くありません。

 

ちょっと前までは看護師は女性がする仕事というのが一般的な認識だったものですが、近年ではだんだん男性が看護師になる割合も高まっています。看護の際、患者を移動させたりお風呂に入るのを手助けしたり、体力勝負の仕事があるため、力のある男性看護師は重宝されます。

 

給料は女性と差はありませんが、子供を産み育てるために仕事を長期休まなくてはならなくなるようなことがなく、その分より職業的な高みを目指していけるということです。
医療施設で看護師として勤務している人の中には勤務時間が一定でないことに加え、ハードな仕事内容であるということを理由にまったく違う仕事に移る方も少なからず存在するそうですが、実をいうと、看護師の資格を持っているとそれ以外の職場にとっても役立てられることがよくあるといいます。具体例として、人体の仕組みをわかっており、扱いや病気の対応にも慣れていますから、保育関連、リラクゼーションサロンでは、未経験だったとしてもスムーズに採用が決まりやすいはずです。