ナースではたらこ




東証一部上場企業「総合求人情報ポータル」の老舗・ディップ株式会社が運営



全国各地の医療機関情報・日本最大級、看護師専門の転職・求人サービス



多くの看護師さんに支持され、満足度第1位 (※:調査機関:楽天リサーチ 2015年4月/20〜40代)



Webに公開されていない最新の非公開求人も登録者限定でご紹介



「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんな看護師さんを応援








ナースではたらこ 詳細はこちら






https://iryo-de-hatarako.net/







ナース人材バンク





年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス




看護師紹介・業界一の老舗・東証一部上場 エス・エム・エス キャリアが運営




全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート




求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ




転職利用者の97%が満足の転職支援サービス

 (平成26年1月ナース人材バンク成約者アンケート調べ)






ナース人材バンク 詳細はこちら






https://www.nursejinzaibank.com/






マイナビ看護師





株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス





医療系転職支援サービスのプロがサポート





日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など




豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり





マイナビ看護師 詳細はこちら






https://kango.mynavi.jp/







パソナメディカル






医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ



登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介




登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー




なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実





パソナメディカル 詳細はこちら






http://nr.pasonamedical.com/







ナースパワー人材センター







看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア



業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用



沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評





ナースパワー人材センター 詳細はこちら





http://nursepower.co.jp/























































好評ベスト看護師復職

少し長く看護師をしてきておりますが、思ったことは、一般に看護師は喫煙者である割合がとても高く、また、飲酒の習慣を持つ人も多いようです。
喫煙者が肩身の狭い思いをするような世の中になってきて、喫煙する看護時は減少の傾向にあるのですが、それでもまだ、喫煙者はかなり多いです。

 

そして、飲み会などでみかける、看護師たちの酔っ払い方は阿鼻叫喚とは言いませんが、そこに白衣の天使はいません。

 

あまりにも普段からストレスをため込んでいるからだと、自分でもわかりますので、たまの機会だし、発散しきれるものなら、そうした方がいいのかも、とも思うのでした。以前は一般常識として、看護師イコール女性の職業でしたが、ここ最近になって徐々に男性看護師も増加しています。
実際の看護の場面においては、患者の移動、入浴介助等、力仕事も少なからずあるので力のある男性看護師は重宝されます。年収については、女性の場合と一緒ですが、産休や育休のため、やむを得ず職を離れなければならないということがないのでその分、キャリアアップできる機会も多くなります。

 

 

 

出戻り、つまり一度職場をやめてからまた同じ職場に戻ってくることですが、看護師のこれは多いです。

 

ただ、それ程スムーズに、戻ってこられるかどうかは辞めた当時、どういった状況だったかで違いがあるようです。

 

 

例として、結婚や引っ越しで辞職したり、あるいはまた、出産、育児を理由とした辞職であった際は、心理的にも、職場にとっても出戻りは簡単でしょう。
こうして、ライフステージの変化に伴って復職する人は割と多いのです。

 

 

子供がいて、夜勤が難しいということで、日勤のみのパートで復職を果たす、という人も増えてきています。

 

日夜、仕事に打ち込む看護師の給料は、他業種と比べると高めですが、どこで働いているかによって、大きく額が異なります。

 

個人病院、大学病院、公立病院など勤め先はいろいろあります。では、退職金についてはどうなっているかといえば、都道府県や市町村などによる公立病院や、あるいは国立の病院なら、公務員や準公務員の扱いになることもあって、勤続年数などから計算され、それを支払ってもらえるでしょう。

 

ところが、個人病院の方では、病院によっては退職金の取り決めさえない場合がありますので、結局は院長先生の考え次第となるようです。

 

 

 

公立病院なら、決まりに沿った額の退職金をもらうことができますが、他はそうとは限らないということが言えます。
多くの看護師が持つ悩みといったら、休日や出勤日が不規則な事だと思います。

 

平日が休みになってしまっては、デートできなかったり友達とも簡単に会えないなどの悩みを抱えている方も多いようです。あるいは、単純に簡単に休みが取れないという問題もあります。こうした勤務形態を離れて、規則正しい休みを取りたいのであれば、日勤で働ける病院に勤めれば良いので、この機会に、将来を考えた上で転職するのも間違いではありません。医療施設で看護師として働いていた知人は、ある病気の治療のために一度看護師を辞めています。ですが、身体の調子が治ったら、復職して昔と変わらず看護師として勤務しているのです。

 

多少のブランクでも、資格を取得しておけば比較的簡単に職に復帰できるんですよね。

 

 

 

再就職に苦労した経験があるので、資格を取っておけばよかったと思っています。
夜勤は看護師にとって避けられるものではありませんが、決まって体調を崩すようであれば、日勤だけの勤務を条件に、転職を考えてみてください。
ですが、忘れてはいけないのが、夜勤労働の手当てが入らなくなるので、どうやっても夜勤のある看護師と比較して収入が少なくなることがほぼ確実なのです。
今の収入を減らしてでも、転職するのかどうか、後悔しないようにしっかりと計画する必要があります。

 

高給や安定性というメリットがあると同時に、厳しい仕事も多い看護師は離職率が高いです。ですから、どうしても転職率も高い数値になります。

 

 

 

ですから、転職サイトによっては看護師のみに対象を絞ったものが多種多様に存在しています。

 

こうした看護師専用の転職サイトであれば、手間なく自分の希望する条件の求人を探せますから、仕事で忙しく働く看護師にはうってつけのサイトです。
どの転職サイトを利用すればいいのか悩む場合は、転職サイトのランキングなどを併用して、より良い転職先を見付けましょう。勤務や休みをある程度自由にすることができ、したい仕事を多くの中から選べるのが派遣の看護師として働く上でのメリットでしょうか。

 

単発の仕事あり、短期のものもあり、もちろん長期の募集もあり、都合にあわせていろんな派遣先を選べますので、看護師として働きたいけどなかなか条件に合うものがない、という人には望めば派遣で働くこともできる、ということも考慮に入れて職を探すのも一つの手です。
多くの看護師は、病気を患っている患者やその家族と関わらねばならないため、不潔な印象にならないよう、髪形にも配慮しなくてはなりません。いち看護師として、病院内で自己主張が過ぎないように留意しながらも、清潔感を第一にすることが良いと思います。勤務先によって、比較的、自由なヘアスタイルが認められている場所もあることを知っておいた方が良いでしょう。一般的に、病院は症状によっていくつかの科に分けられていますが、それぞれの科の診察内容次第で、看護師に求められる技術や処置もまた違います。

 

それまでの配属部署以外の部署で研修するローテーション研修では、一つの科だけでは分からない幅広い技術を学べますし、多くの意見を参考にしながら多くの知識を身に付けることが出来ます。今後の進路を考える事もできますから、新人看護師の前向きな気持ちも湧いてきます。パートや派遣といった形で、夜勤を避けたりなどの働き方もできる看護師業ですけれど、結局、大多数の看護師は病院で働いております。しかしながら、病院における看護業務の他にも、意外と看護師でなければできない仕事というのはあって、働く場所となるのは、保育園、幼稚園の保健室、企業内の医務室、介護施設や保健センターなどで、こうしたところで働く人は多いですし、人気が高くてなかなか採用されないようなこともあります。つまり看護師であれば、病院ではなくても働ける場所は色々あり、結婚したり、子供を産んだりなど、生活が大きく変わるタイミングにその時々で最も条件に見合った所に転職していくことができます。かなりのハードワークとして認識されている仕事ではありますが、別段、看護師が仕事で寿命を削っている、ということはないでしょう。

 

 

ですが、交代制で夜勤があるなどで不規則な生活で、睡眠がきちんと取れなかったり、とても疲れてしまったり、強いストレスを感じることはよくあります。なお、看護師という職についていると、医療にずっと関わり続けて多少の知識も身に付き、他人の状態、容態について医師の判断を予測できたり、そのうち、自身の身体や健康のことなどもわかるようになったりするようです。
労働者一般の収入と、看護師のそれとを比べてみたら、平均年収という一点でははっきりと、看護師の方が額は大きいのです。医療や福祉関係の機関では、看護師不足に泣いているところも多くいつでも人手を求めている、という事情により、景気に関係なく、収入が安定しているといった専門職らしい長所もあるのでした。ですが、良いことばかり期待できる訳でもなく、ただ働きであるサービス残業が蔓延している等、働きやすい良好な環境にいる看護師は、かなり少ないとみて良いのかもしれません。看護師という仕事をしているのは女性がかなりの割合を占めている職業なので結婚や出産を機に仕事を一度やめる人もたくさんおり、その結果、離職率が高い割合を示しています。
それにプラスして、勤務する時間が不規則だったり、ハードな仕事内容であることが原因で離婚率についても高くなっているようです。

 

たとえシングルマザーであっても十分子育て出来るくらいお金が入ってくることも女性の離婚の決意の後押しになっているともいえるのではないでしょうか。なぜ看護師をやるのかといわれたときに、とても現実的な理由として収入が高いという点があります。新卒の給料を見てもほぼ同じような年齢の、一般的な会社に勤めた人達と比べた時にもより高い給与を得ていることが分るはずです。しかしながら、そうやって高いお金をもらって働くということは、その分、自分自身も精進に励み、少しずつでも患者さんに対して還元していく使命があります。「看護師」という仕事は、一般的には安定した収入が入るものと考えられていてローンを組むことを考えている際、審査で引っかかるということは殆どないでしょう。例外として、勤務形態が非常勤であるなどで安定していない看護師についてはそう簡単にはいかないかもしれません。ローンで審査に引っかからずに通れるのは非常勤でなく、正職員として働いているような安定している看護師に限って言えることであり、非常勤で働いている看護師に関しては、ローンの面では不利と言えるかもしれません。看護師として働くことは、ドラマのようにうまくはいかないのが現実です。
普段から大変な仕事量をこなしているところにさらに、決められた労働時間以外の業務もあったりして残業を強いられることがままあります。
しかし、いかに多忙で、疲労困憊でも、常に患者さんやご家族の前では笑顔を忘れません。

 

 

 

さっきまで愚痴っていた人がすぐさま笑顔を向けられるのだから、看護師のその様子はまるで女優のようです。