ナースではたらこ
日本最大級の看護師専門の転職・求人情報サイト
看護師人材紹介「満足度No.1」(楽天リサーチ調べ)

常勤・非常勤どちらもご紹介可能
ネットには出ない非公開求人多数


ナースではたらこ 詳細はこちら


http://iryo-de-hatarako.net/


リクルート・ナースフル
とらばーゆ、タウンワーク、リクナビ等で年間100万人以上
の転職を支援のリクルートが運営

首都圏/関西/東海/九州エリアの求人に強く
上京サポートも充実


ナースフル 詳細はこちら


https://nurseful.jp/


看護のお仕事
全国・24時間電話対応・転職成功で、転職支援金あり
業界最大級の非公開求人(=好条件求人)保有数

地域ごとに専任のコンサルタント。
地域密着型のご提案が可能


看護のお仕事 詳細はこちら


http://kango-oshigoto.jp/


ナースパワー人材センター

看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア
業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用

沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評




ナースパワー人材センター 詳細はこちら



http://nursepower.co.jp/


ジョブデポ看護師転職・求人

8万件以上の求人件数を誇る日本最大級の看護師
専門の転職支援サービス

希望条件を専任のコンサルタントに伝えるだけでスピーディーにお仕事をご紹介
ご入職が決まると、最大40万円のお祝い金をプレゼント


ジョブデポ看護師転職・求人




https://j-depo.com/


好評ベスト看護師求人

意外に思われるかもしれませんが、看護師には細かな階級が存在するのです。高い階級から言うと、病院によっても違いますが、多くの場合は看護部長、総看護師長などと呼ばれる方々です。どういう人が出世するのかというと、その病院での勤務を長くするなど、周囲から信頼されるような人材になることが重要です。もちろん、出世して階級が上がれば、それだけ高い収入を見込めます。一口に看護師といっても、その職場は多種多様で、総合病院から地域の診療所まで、規模が随分違います。

 

 

 

また、介護施設や保育園も看護師の職場と言えるでしょう。
それぞれの会社で給料が変わるものですが、もちろん、看護師も同様です。地域の診療所と総合病院とでは、やはり年収にも差が出てきます。

 

こういった事を考えても、平均的な看護師の年収は必ずしも、誰もが得ている収入では無いことを理解しておきましょう。すっかり少子高齢化が進んで、怪我や病気のリスクが高まる高齢者の数が増えています。これにより、病院利用者も増加して、看護師もますます大変になっています。
その労働環境は厳しく、夜勤も含めて働き続け、無理がたたって、結果として過労死を迎えてしまった看護師もいました。

 

 

 

では夜勤をはやめて日勤中心の仕事に変わったとしても、自宅で療養中の患者を診る、訪問介護の仕事が待っており、そこでも高齢者人数の増加によって、さらに看護師の需要は高まっており、看護師の働く現場では、どこも大変過酷なようです。
新卒で勤め始めた新人看護師や、違う病院から転職によって働き始めた看護師に、現在の職場での経験が足りないという名目で、間違いなく残業をしているのに、相当する手当がちゃんと払ってもらえないことがあるようです。残業代の未払いは、雇用された人の経験やスキルは関係なく労基法違反であり、犯罪です。残業も完全に仕事のうちですから、当然、働いた分のお金は、対価をもらう権利があります。どうしても、看護師という職業においては煙草を嗜む人が減っているように思います。
実際のところ、印象通り、国民の平均的な喫煙率よりも少ないことが分かっています。看護師は病気の患者と接しますから、煙や臭いで不快な思いをさせないように、意識している看護師が多い職業であるということが分かるのではないでしょうか。病院という場所で働く看護師は神経を張りつめていることが多く、こうした生活が続くと自覚の有る無しに関わらず、ストレスを溜めていることが多いです。

 

 

 

要するに、身体的に大変な仕事、というのはもちろんのこと、メンタルの部分にもかなりのプレッシャーがあるということです。自分なりにそうしたストレスを処理できる手段を知っているかどうかということは、看護師というハードな仕事を続けていくためには見逃すことのできない点になるでしょう。

 

 

 

きついながら、やりがいも大きいのが看護師というお仕事です。どんな時にやりがいを感じるかというと、例えば、退院患者さんが出るのは喜ばしいことですが、更にそんな患者さんが、後になって、病院まで挨拶をしに来てくれるような時でしょう。

 

それから、患者さんの家族の人たちに何度も繰り返しお礼を言ってもらえるような時、最高にやりがいを実感できます。

 

世間で言われているように、看護師の仕事はかなり辛いものです。

 

 

 

ですから、もし、やりがいを感じられないようになったりしたら、多分看護師はもう辞めたい、などと考えてしまうはずです。

 

様々な病気を患い心細い患者にとっては不安を解消し支えてくれる看護師の存在は本当にありがたいものです。でも、現実には看護師の勤務実態は大変厳しいことが多く、覚える必要のあるいくつもの作業やチェックを繰り返し、相当の緊張とストレスがかかっている事もあるのです。そのため、うつ病を患う看護師も多いそうです。

 

責任感が強く、真面目で頑張りすぎる方やストレスを溜め込みがちな方は、あまり考え過ぎないように、また気持ちをうまく切り替えられるように意識してみましょう。働きながら妊娠したら、看護師として特に注意するべきは、まず、胎児が放射線の影響を受けることがないようにする、ということです。X線撮影やCT検査など、看護師が放射線の被曝を受けてしまうかもしれない機会は多いため、慎重に行動してください。薬品についても身近に様々な薬品が、大量に存在する環境なのですから、放射線被曝と同じくらい、注意が必要です。

 

また、立ち仕事をはじめ、何かと忙しく無理をしやすい仕事なので、残念な流産や、早産の危険がとても高いです。

 

自分は大丈夫、という根拠のない自信は禁物です。

 

必ず適度な休憩を取るようにします。

 

 

一般的に見ると看護師の仕事と言えば過酷な仕事だと考えられ、「勤務時間が労働基準内の8時間でOK」なんていう事は夜勤勤務の必要のない、個人医院やクリニックのような場所以外では難しいと思われます。
例えば二交代制の病院勤務だと、合間で休憩はあるのですが、トータルで16時間勤務になってしまうこともあります。

 

 

長時間勤務がザラだということも看護師がキツイというイメージを持たれる原因になっていると思います。
やり甲斐という観点から見てみますと、看護師の右に出る仕事はそうそう無いのかもしれません。でも、反面、この職業ならではの苦労もつきものとなっています。挙げるとキリがありませんが、まず仕事のハードさは言うまでもありません。

 

 

そして、職場に拘束される時間が長くなりがちで、さらに不規則であること、その上に、医療現場という緊張感もまた並大抵ではなく、そうした中では意見の相違や行き違いから、人間関係が難しくなることもあるはずです。

 

大変だと知りつつ、看護師という職業を選ぼうとする人もまた大勢いる訳で、難点を補って余りある良い点がたくさんあるということなのでしょう。昔読んだ本の影響で、看護師になりたいと思っていました。しかし、色々と事情があって就職し、会社員としてしばらく働きました。

 

ですが、OLをしている間も看護師になりたいという思いが消える事がありませんでした。資格を持たないまま看護関係の仕事に転職するということも考えましたが、どうせだったら資格を取りたいと思っていました。

 

 

 

すると、現場で看護助手として働くと同時に看護師の資格を取ることが出来る方法がある事が分かりました。

 

 

子供のころからの夢を叶えるために、頑張りたいと思います。

 

 

仕事をし続けていると不満や悩みが出てくるものですが、看護師で多いものは、職場における対人関係や不規則な勤務形態です。看護師の中には女性が多く、人間関係が複雑に入り組んでいるようなところも少なくないのです。
他にも、夜勤が必須なのも辛いものです。
自分の健康を害するほどのストレスを溜める前に、潔く転職し、人間関係も良く日勤で働ける職場を探すのも間違いではありません。
人間関係について言えば、看護師の世界は最悪に近いと、当たり前のように囁かれたりしていますが、単純に看護師の職場には、女性がとても多いから、ということのようです。
一般的な女性の傾向として、気の合う者同士でグループを形成しやすくそうやって顔を合わせると、誰かの噂話に興じたりするなど、仕事場にいる殆どの人が女性、といった場合には頻繁にそんな光景も見られるでしょう。日常的にそんな環境に接していると少々げんなりすることもあるかもしれませんが、女性ばかりという環境ではそうなってしまい易い、ということを知っておくだけ知っておいて、一歩離れた所から対処する姿勢を保つのも手です。
病院で病棟勤務に就いている看護師なら文字通り24時間を2分割する2交代制、3分割する3交代制により夜勤勤務に従事することになるはずです。

 

 

 

日勤と違って夜勤は人手がだいぶ減ってしまい、それなのに、夜半にナースコールが鳴りやまない、重体患者の容体が悪化したなど、いつもの決められた作業以外に、急な事態に対応しなければならないことが増えるのです。

 

もちろん通常業務もおろそかにできませんから、結果として夜勤の作業量は、おおむね日勤よりも多くなるのが普通です。

 

 

 

皆さんご存知の通り、少子高齢化問題が叫ばれて久しいですが、それに伴って、医療関係者も、もっと増加することが急務とされる日が来ると考えられています。そういった理由で現時点で看護師不足の状態なのですが、今後もそれが継続すると考えられています。
毎年毎年、絶えることなく新たな看護師が世に生み出されているはずなのに、今なお看護師の数が十分でないのはなぜかというと改善しない職場の環境や待遇を理由に離職してしまう場合があるということが原因として挙げられます。今、日本ではインドネシア、フィリピン、及びベトナムとの間で締結されたEPA(経済連携協定)に基づき、「外国人看護師候補生」というものの受け入れを推進しています。

 

とは言っても、日本語で出題される看護師の国家試験に仮に、3年かかっても不合格だった時には、自国に帰らなければならないのです。就労と日本語の勉強と看護師資格取得のための試験対策も行わなければならないので、大変シビアであるようです。

 

 

夜勤をこなす必要があって、看護師の仕事は勤務の形が少々不規則です。働いた分の休みはちゃんとありますが、不規則さを辛く感じる向きは多いようで、結婚したり子供ができたことで、きっぱりと辞めていく人もかなり多い、というのが問題となっています。出産し、子育てを始めるとなると安心して託児ができる施設などがなければ夜中に家を空けなければならない夜勤など、ほぼできなくなるのが普通です。
しかし最近になって、子育てが済んだということで職場に戻ってきたりする人も増えてきており、大きな戦力となっています。