マイナビ看護師


株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス
医療系転職支援サービスのプロがサポート

日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など
豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり



マイナビ看護師 詳細はこちら



https://kango.mynavi.jp/




パソナメディカル



医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ
登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介

登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー
なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実



パソナメディカル 詳細はこちら



http://nr.pasonamedical.com/




ナースフル



とらばーゆ、タウンワーク、リクナビ等で年間100万人以上
の転職を支援のリクルートが運営

首都圏/関西/東海/九州エリアの求人に強く
上京サポートも充実



ナースフル 詳細はこちら



https://nurseful.jp/




看護のお仕事




全国求人対応・転職成功で、転職支援金あり
業界最大級の非公開求人(=好条件求人)保有数

地域ごとに専任のコンサルタント。
地域密着型のご提案が可能



看護のお仕事 詳細はこちら



http://kango-oshigoto.jp/




ナースパワー人材センター




看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア
業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用

沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評



ナースパワー人材センター 詳細はこちら



http://nursepower.co.jp/





好評ベスト5社看護師転職

少子高齢化が進んでいることも影響しているのですが、病院などの医療の現場で働く人々がもっと増加することが急務とされる日が来ると考えられています。そういった理由で今でさえ足りていない看護師ですが、今後もそれが継続すると考えられています。毎年国家試験に合格して晴れて看護師となる人がたくさんいて、いまだに看護師不足が叫ばれているのは変わらない職場環境や待遇に不満を持ち退職する人が多いということも一因だといえます。

 

仕事場が医療現場であるだけに、看護師の責任は重く片時も気を抜くことはできないでしょうし、これが続くとどうしても常に強いストレスにさらされ続けることになるでしょう。つまりこの仕事は、体力的につらい面に加えて、メンタルの部分にもかなりのプレッシャーがあるということです。
そうして溜めこんだストレスを解消させるメソッドを発見しているか、または見つけ出せるか、というのも、この仕事を続けていくのであれば重要なキーポイントになり得ます。看護師になろうと思っていました。でも、家庭の事情があって会社勤めをしていました。

 

 

 

ですが、OLをしている間も看護師になりたいという思いが消える事がありませんでした。資格を持たなくても就ける看護の仕事に転職する事も選択肢の一つでしたが、ちゃんとした資格を取得して看護師として働きたいという気持ちもあり、迷っていたところ、看護助手として勤務しながら看護師の資格が取れる方法があると分かりました。
夢だった看護師の道が開かれて、前向きな気持ちになれました。

 

 

以前は看護師というのは女性の職業と思われがちでしたが、近年では男性が看護師として働くケースも珍しくなくなってきました。

 

看護職においては、患者の移動の際やお風呂に入るのを手助けしたり、体力勝負の仕事があるため、力のある男性看護師は重宝されます。年収については、女性の場合と一緒ですが、出産や育児のために休職するということがありませんから、その分、キャリアアップできる機会も多くなります。

 

看護師の資格のある人は法律では、どういった資格かというと、医師の診療を補助するものとされています。

 

看護師が医療行為を行うということは、今のところ認められていないのですが、例外として医師の指導のもとであれば許可されているものもあります。そうはいっても、患者の状態が悪くなり、緊急の場合や、緊急事態には、経験を積んでいる看護師に限り、医療行為も少しぐらいは認められてもいいんじゃなかろうかという風に感じています。毎日、看護師として頑張っている中、嫌なことや辛い目にあうことも多くなります。

 

どこが一番楽のできる診療科か、ということを考えるようになってもおかしくありません。

 

 

なかなか言い切るのは難しいのですが、比較的のんびりできると考えられている病棟は、眼科、精神科、整形外科といったあたりといわれています。
とはいえ、どんな病院なのか、重症度の高い患者さんの有無などの要因によっては、あまり、のんびりはできなくなるかもしれません。業務の多さ、責任の重さ、なによりその忙しさにより、看護師の仕事はかなり厳しいものですから、しんどさを覚える場面も多いはずです。

 

 

二交代制、三交代制で避けては通れない夜勤も続けるうちにたいていの看護師は、体内時計を狂わせてしまって、そんな生活が、体調に響いてしまうのもよくあることです。ハードな仕事であるのは確かですから、要領よく休みをとらないとどうしようもなく疲労を溜めてしまい、腰痛や頭痛に苦しむことになり、ようやく「少し無理をしているのかも」などと感じる事になってしまうでしょう。

 

国際化する社会においては、海外で助けが必要な人たちに、日本の医療を提供できたらという思いを抱える看護師の人も少なくないでしょう。

 

実際に、日本の看護師は海外からの需要が高く、病気で苦しんでいる人を救うことの出来る看護師が必要になっています。海外で看護師とし働くためには、医師、患者との意思伝達を十分に満たすためにも、英語が必要不可欠なのです。海外の機関で看護師として働きたいと思うのであれば、英語を身に付ける事を優先しましょう。看護師だった知人は、病気のためにいったん退職しました。
でも、体調が良くなったら、早速現場に戻って、病院で看護師としての仕事を続けているのです。
ブランクがあっても、有利な資格があれば比較的復帰が楽になりますよね。普通はブランクがあると再就職が難しいので、有利な資格を取っておいた方が安心ですね。なぜ看護師をやるのかといわれたときに、欠かせないものに一般的に給料が高いという点が挙げられます。
初任給で考えても、同じくらいの歳の新入社員よりもより高い給与を得ていることが分るはずです。
ただ、そんなに高いお給料ももらえるのですから、その分、自分自身も精進に励み、日々、患者さんへ還元していく必要があるのです。看護師の仕事といっても、配属された科の診療内容によって、看護技術やケアのやり方も違ってきます。ローテーション研修は自分の部署には無い幅広い看護技術を修得できますし、多くの意見を参考にしながら多くの事を学べる機会です。将来を考えるキッカケになりますから、モチベーションが上がります。大方の場合、大変だと思われる看護師ですが、労働基準法に定められている8時間程度働いていればよいというようなことは個人医院やクリニックのような夜勤のない職場に限った事でしょう。

 

例えば二交代制の病院勤務だと、途中で休憩をとることはとるのですが、合計して16時間勤務となることもあるのです。このように、長時間労働が必要であるという勤務形態も、看護師として勤務することが大変だと思われる一因だと思います。

 

今日のところ、日本では経済連携を強化するために締結されたEPA(経済連携協定)に基づいて、東南アジアのインドネシアやフィリピン、ベトナムから来る「外国人看護師候補生」というものの受け入れを推進しています。
しかしながら、候補生は日本語で出題される看護師国家試験を受験して、もしも、3年以内に看護師になれなければ母国へ帰国することになります。就労と日本語の勉強と国家試験に受かり看護師となるために勉強までしなければならないということで、大変シビアであるようです。一口に看護師といっても、その職場は多種多様で、総合病院から地域の診療所まで、規模が随分違います。病院に限らず、保育園や介護施設といった場所も看護師の勤務先です。会社員も会社によって給与が違うように、当然ながら、看護師の場合も同じでしょう。

 

 

 

大きな総合病院と町医者を比較すれば、貰える給与に違いがあるのです。こうしたことを踏まえても、一般的な看護師の平均年収がこれだけの額になる、と明確に言えるものでは無いのです。
看護婦はハードな仕事と言われていますが、必要とされる度合いがとても高いですし、意義の感じられる仕事です。
24時間いつでも稼働している病院が職場ですから、24時間切れ目なく看護師もいる必要があります。

 

そのため、どこの病院でも日勤、夜勤と交代制を採っています。
夜勤のある仕事ではどうしても、上手に生活のメリハリをつけないとうまく睡眠がとれなくて疲労が溜まることになります。

 

 

看護師として勤務していくうちに当然のことですが、やめてしまいたくなることも少なからずあることと思います。

 

 

お仕事に関する失敗だけでなく時には患者さんからの言葉にショックを受けたりすることもあります。ただ、やりがいがあると感じることも多くあります。
先輩が激励してくれたり、温かな言葉をかけてくれたりと日々、いろいろな方々のおかげでやってこれているんだなあと思っています。収入の話になりますが、看護師という職業は、様々な他職業と比べても、とても高い額の給料となっております。

 

人命にかかわる緊張感のある仕事だということや、ハードな夜勤や残業をはじめ、各種手当も確実に支給されるからです。
夜勤を通常より多く入れている人ですとか急な残業を断らず行なう人の給料をみると、普通に働いている他の人と比べると、かなり高くなるでしょう。この職業を選んだ人にとっては大きな利点ですが、看護師というのは慢性的に人手不足のところが多く、常に求められています。その為、再就職などもかなりスムーズにいくことが考えられますし、丹念に当たってみるなら、とても良い条件の仕事先を発見することもできます。近頃ではインターネット上に転職や求人を看護師に特化したサイトがたくさんありますから、活用しつつ、ぜひ充分に吟味を重ねて、相性のいい職場を見つけてみてください。