ナースではたらこ




東証一部上場企業「総合求人情報ポータル」の老舗・ディップ株式会社が運営



全国各地の医療機関情報・日本最大級、看護師専門の転職・求人サービス



多くの看護師さんに支持され、満足度第1位 (※:調査機関:楽天リサーチ 2015年4月/20〜40代)



Webに公開されていない最新の非公開求人も登録者限定でご紹介



「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんな看護師さんを応援








ナースではたらこ 詳細はこちら






https://iryo-de-hatarako.net/







ナース人材バンク





年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス




看護師紹介・業界一の老舗・東証一部上場 エス・エム・エス キャリアが運営




全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート




求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ




転職利用者の97%が満足の転職支援サービス

 (平成26年1月ナース人材バンク成約者アンケート調べ)






ナース人材バンク 詳細はこちら






https://www.nursejinzaibank.com/






マイナビ看護師





株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス





医療系転職支援サービスのプロがサポート





日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など




豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり





マイナビ看護師 詳細はこちら






https://kango.mynavi.jp/







パソナメディカル






医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ



登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介




登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー




なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実





パソナメディカル 詳細はこちら






http://nr.pasonamedical.com/







ナースパワー人材センター







看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア



業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用



沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評





ナースパワー人材センター 詳細はこちら





http://nursepower.co.jp/























































看護師東京好条件の非公開求人

昔から「白衣の天使」と呼ばれるほど男性から人気が高い看護師が、なぜ結婚できない看護師が多いのでしょうか。実際のところ、看護師の結婚年齢は両極端だという事が分かりました。挙げられる理由としては仕事を優先して恋愛の機会を逃していたり、出世を第一にすることで婚期が遅れるようです。
病院で看護師として働く場合、勤務する時間がイレギュラーであることにプラスしてキツい仕事だということも原因となり、看護師以外の職業への転職を考える人もよくいるといいますが、看護師の資格を持っているということは意外とそれ以外の職場にとっても有利な方向に働くことが多いでしょう。例を挙げると、病気になった人をどう扱うかや、体の仕組みについて知識を身に付けているため、保育関連、リラクゼーションサロンでは、未経験だったとしてもスムーズに採用が決まりやすいはずです。看護師長の役割とは、各病棟を取りまとめる以外に看護部長の仕事をサポートしたり、看護師たちを指導する等、一般企業においては課長の役職相応でしょう。

 

 

いわゆる課長職でも、その年収は中小企業と大企業では全く違うのと同様に、病院の規模の大きさで看護師の年収もそれぞれ違いがあります。

 

そのほかの影響として、公立病院と民間病院、地域の格差等が影響しています。

 

 

稼ぎの良い公立病院に勤めるケースではおよそ750万円程度だとみられます。
受験資格を得て、合格後、看護師として働くための教育を受けられる機関として大学あるいは専門学校があり、看護師を目指す場合、どちらかに入ることとなります。
それでは、大学はどんな特徴があるのでしょうか。
最先端の医療について等、より専門的な内容を学ぶことができるという点と専門的な内容のみならず、一般教養についても学べるということです。そして、専門学校の場合は、大学よりも長く実習時間を設けてあるため、実践的な内容を深く学ぶことができ、実際働くことになった時、即戦力として力になれることが特色でしょう。

 

そして、必要とされる学費についてはなんと大学の学費の十分の一程度です。外科勤務の看護師の、長所と短所を分かっておく必要があります。まず、手術前の患者や手術直後の患者のケアを経験できるので、とても勉強になります。
マイナス面としては、一人の患者を担当出来る期間が術前術後に限られることが多いこともあり、腰を落ち着けて同じ患者の看護を続けることが不可能であるという点です。

 

日々、看護師の激務に追われて働き続けていくと、嫌なことや辛い目にあうことも多くなります。

 

どこが一番楽のできる診療科か、ということを考えるようになってもおかしくありません。
なかなか言い切るのは難しいのですが、比較的のんびりできる病棟とされるところは、辛い残業がほとんどない、という点で眼科、精神科、皮膚科や整形外科あたりのようです。

 

 

 

しかしながら、医療機関の種類や、どういった症状の患者さんを診ているのかによって、仕事の内容は全く変わってきます。病棟勤務に就いている看護師の勤務形態ですが、2交代制か、最近は3交代制の方が多いようですが、交代制を敷いてみんなが夜勤を務めます。なくてはならない夜勤業務ですが、医師や看護師など、人の数がかなり減り、そんな状態で夜間に容態が急変した重体患者が出たりなど、いつもの決められた作業以外に、急な事態に対応しなければならないことが増えるのです。

 

 

 

そうこうしながらも、いつもの作業も必要ですから、結局その作業量は大体いつも、日勤より多くなるようです。

 

転職を希望する看護師の、その理由を聞いてみるといろいろな答えが返ってきます。
看護師の需要は高く、引く手あまたといっても良いほどであり、求人はいつでも、とても多いというのが現状です。
今いる職場において、そこでのハードワークに見合う給料をもらっていないと感じていたり、手当もろくに出ないのに残業がやたらと多いなど、転職に至る理由は、人それぞれ事情があるようです。

 

 

現在の職場よりもよい待遇を期待するなどの理由で転職を考えているのであれば、なるべくなら、給料の額だとか労働条件に加えて、どういった評判があるか、ということも知っておきたいですね。

 

看護の仕事を行なう上で、特に大事で外せない業務として、勤務内容の引き継ぎがあり、これは申し送りと呼ばれています。患者さんに行なわれた処置についてや、投薬量の変化といった情報、看護師が把握しておくべきことについての諸々を次に勤務を始める看護師に口頭で説明を行います。

 

 

申し送りでは、大事な情報がもれなく相手に伝わり、理解してもらえるように、簡素に正確に行うようにしましょう。あと、なるべく短い時間でてきばきと、的確な申し送りをすることもとても大事なことです。看護師という職業は収入が安定しているというイメージを持たれやすいのでローンの際も、審査で引っかかるということは殆どないでしょう。

 

 

けれども、非常勤勤務である場合等、非正規雇用の場合の看護師だと注意する必要も出てくるでしょう。ローンを組むことが容易なのは正職員という形で勤務中の看護師の場合には当てはまることなのですが、たとえ看護師でも、非常勤で働いている方の場合は簡単にはローンが組めないということが起こり得ます。もし看護師として働きつつ自分の妊娠に気づいたら、注意すべきことがいくつかあり、まずは極力、放射線を浴びないようにすることです。CTや放射線治療、エックス線撮影など、被曝の危険は病院には多いですから、うっかりミスなどが無いようにしましょう。同様に、薬にも妊婦にとって危険な、強い薬に接することもあり、注意するべきでしょう。

 

一方で、看護師の仕事は、ハードな肉体労働でもあって、予期せぬ妊娠の中断もよくあります。

 

 

ぜひ妊婦としての自覚を持って、適度に休憩してください。患者に安心して治療を受けてもらうためにも、看護師は服装や髪形など、外見を整えておくことが必要になります。

 

 

 

女性のケースでは、けばけばしいような派手なメイクは厳禁ですから、誰にでも好印象になるナチュラルメイクを施すのが相応しいと思います。

 

ノーメイクという訳でもありませんから、周囲の人が感じる印象も良くなるでしょう。

 

入院施設のある病院に勤める看護師は、夜勤が必須の職業です。
具体的な勤務時間でいうと、職場が2交代勤務なのか3交代勤務なのかで変わってくるのです。2交代勤務では、夜勤が17時間近くなって長時間勤務になり、3交代勤務での夜勤となると、休みと出勤が8時間で区切られるため、家に帰っても十分に休めない事もあります。

 

 

求人に応募しようとする病院がどういった交代勤務を採用しているのか前もって知っておいた方が良いでしょう。

 

 

小さい頃から看護師として働きたいと思っていましたが、家庭の都合から、企業に就職して結局OLになりました。

 

ですが、看護師の夢を諦めきれませんでした。転職して、無資格で医療関係の仕事に就くということも出来たのですが、ちゃんとした資格を取得して看護師として働きたいという気持ちもあり、迷っていたところ、実際に看護助手の立場で働きながら看護師の資格が取れる方法があると分かりました。

 

諦めかけていた夢を叶えられる道があると分かって、やる気が出てきました。時に人命に関わることもある看護師という仕事は、大きなやり甲斐と意義を感じることができます。
しかしながら、良いことばかりでなく、難しい面もまたあるのです。
肉体的にも精神的にも大変な仕事であることはよく知られていますし、実働時間の長さに加え、その不規則さも特筆するべきレベルですし、独特の張りつめた空気が漂う職場でもあり、そんな中、人間関係の良好な形成が難しいこともあり得ます。そういったことをわかった上で、看護師という仕事を志望する人が引きも切らないというのはやはり、デメリットに目をつぶることが可能なくらい大きな満足感も得られる仕事なのです。看護師は、何年も勉強し、実習を重ねてきた資格職ですから、景気に左右されることなく、いつでも求人があるという強みがあり、転職もしやすいです。引っ越し、結婚、出産という類の個人の都合にあわせるために職場を変えるケースも多いのですけれど、そうではなく、看護技術のグレードアップなどを目指して転職をしたいという人も珍しくはないようです。
そうした場合は、特にしっかりした志望動機を述べる必要があります。そうでなければ転職そのものが危ぶまれます。

 

 

 

なるべくなら、特定の科で看護のスペシャリストを目指すための経験を積みたい、設備の揃った総合病院で、最先端の看護を学びたい、などなど向学心をわかってもらえるような志望動機が期待されます。法律において、看護師というものは医師の診療を補助する役割と定められています。
基本的には医療行為を行うということは認可されていませんが、医師から指示された場合は、可能な場合もありますとはいえ、患者さんの状態によって、急を要する場合には、場数を踏んでいる看護師であれば、若干の医療的行為は認められる必要もあるのではないかと考えます。
女の子が憧れることが多い看護師になるためには、一般的に二つあり、看護大学と看護専門学校がそれです。そこで学ぶことの中身自体はあまり変わりはないのですが、生じる違いとしては、大卒ではキャリアアップにつなげやすいという点と、専門学校に行った場合より、少し高い給料をもらえることが多いです。対する専門学校の利点は何でしょうか。

 

 

 

それは、学費が大学に比べて安いということと実習に多くの時間を割き、すぐに戦力として使える人材になれることだと思います。