ナースではたらこ




東証一部上場企業「総合求人情報ポータル」の老舗・ディップ株式会社が運営



全国各地の医療機関情報・日本最大級、看護師専門の転職・求人サービス



多くの看護師さんに支持され、満足度第1位 (※:調査機関:楽天リサーチ 2015年4月/20〜40代)



Webに公開されていない最新の非公開求人も登録者限定でご紹介



「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんな看護師さんを応援








ナースではたらこ 詳細はこちら






https://iryo-de-hatarako.net/







ナース人材バンク





年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス




看護師紹介・業界一の老舗・東証一部上場 エス・エム・エス キャリアが運営




全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート




求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ




転職利用者の97%が満足の転職支援サービス

 (平成26年1月ナース人材バンク成約者アンケート調べ)






ナース人材バンク 詳細はこちら






https://www.nursejinzaibank.com/






マイナビ看護師





株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス





医療系転職支援サービスのプロがサポート





日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など




豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり





マイナビ看護師 詳細はこちら






https://kango.mynavi.jp/







パソナメディカル






医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ



登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介




登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー




なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実





パソナメディカル 詳細はこちら






http://nr.pasonamedical.com/







ナースパワー人材センター







看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア



業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用



沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評





ナースパワー人材センター 詳細はこちら





http://nursepower.co.jp/























































看護師求人東京看護プロ

ほんの少し前までは一般常識として、看護師イコール女性の職業でしたが、ここ数年の間に男性看護師の割合も増加しています。実際の看護の現場では、患者を移動させる時やお風呂に入れる際など、実は力仕事も必要なので、男性看護師の活躍する場面は多々あります。

 

 

 

給料は女性と差はありませんが、出産や育児のために休職するということがありませんから、より多くの経験を積むことが出来ます。そこそこ昔のことではあるものの、看護師といえば極端に労の多い仕事であるという風に人々に捉えられていたようです。でも、現在ではもうすっかり、看護師が労働の対価に見合う高給を得られるということを知る人は多くなってきています。何しろ看護師の給料といえば、女性が筆頭の稼ぎ頭となって、家族の生活を成り立たせることができるくらいの収入にはなるのです。
つまり看護師というのは給料の高い専門職だということです。健康上の問題を抱えやすい高齢者人口が増加するに伴い、ここ数年でどんどんお医者さんにかかる人が増加の一途を辿りつつあります。
ということはつまり、医療機関で働く看護師に関してもどれだけいても足りないという程、看護師が足りなくて困っている、という病院はたいへん多いのです。けれども、それほど人手が足りない状況だと、そんな状況を打開しようと、求人募集が増えますので、看護師は引く手数多で、働き先をある程度選ぶことができるという良い面もあるのです。

 

 

看護師をやるからにはほぼ夜勤の必要が出てくるわけで子育てをしながら働く看護師にしてみると大変な懸念事項となっています。未就学児であれば、費用はかかりますが、24時間保育が可能な保育所を頼ったり、病院に託児室があるのなら、そちらを使うということもできます。
それでも、小学生になると預け先がぐっと減ってしまうという問題が浮上します。

 

 

 

ですから、看護師の中でもパートの勤務に変えていくという方も多数存在するようです。
働き方の違いで、看護師であっても収入に差が出ます。

 

 

 

正社員として勤務していると、給料は月給制ですが、パート勤務なら、時給で支払われることがほとんどです。

 

 

その時給ですが昼間のみの勤務で平均的なところをみると1300円ほどから1800円あたりまでになっているのがパート看護師の時給としての相場です。

 

パートの仕事の割には高い時給だと一見思えるかもしれませんが、医療機関で働く専門職ですし、心身両方に負担のかかるハードワークを思えば、どうしても安く感じてしまいます。

 

看護師として働く中で、もし妊婦となったのであれば、気をつけたいのは胎児が放射線の影響を受けることがないようにする、ということです。エックス線撮影やCTなど放射線を利用する検査の際、そこに居合わせることもよくありますから、うっかりミスなどが無いようにしましょう。同様に、薬にも調整や投与など、薬の曝露に遭いかねない機会は意外と多いので、その危険については、充分に心がけておくべきではないでしょうか。また、立ち仕事をはじめ、何かと忙しく無理をしやすい仕事なので、残念な流産や、早産の危険がとても高いです。
それを踏まえ、妊娠期間中だけでも、きちんと休憩を取って無理をしない勤務を徹底してください。
病院での勤務というと、病棟勤務と外来勤務がありますが、子育て中であれば外来勤務を選ぶと良いでしょう。

 

 

 

日勤だけですので、保育園や学童を利用して働くことが可能になります。それに加えて外来勤務においては、土日祝日がちゃんと休みになる場合が多いです。例外を除いて、夜勤ももちろんありません。

 

外来勤務が忙しくなるかどうかは、病院による部分もありますが、人気の医師のところなどでは、多くの患者で待合室がいっぱいになり、看護師は対応に追われることになるでしょうし、待たされる患者からはクレームも入るでしょう。

 

 

身につけたいスキルについてもどの診療科で働いているか、どういう病院かによって大きく違ってくるはずです。
交代制で病棟勤務をしていると、土日も何もあったものではありませんが、土日祝日の休みをとることもできます。
交代制の病棟勤務だと、土日も出勤になりますが、外来勤務に移れば、外来の診療は土日は休みですから看護師も一緒に休みとなるのです。

 

まったく予想外の呼び出しによる出勤や、休日診療の当番が回ってくることもありますが、でも大体、土日祝日の休みは固いです。そして、入院施設がなく、個人経営の病院に勤めると、そういうところでは大体はちゃんと土日休みになっているはずです。ドラマのようには上手くはいかないのが看護師の仕事です。
普通の業務だけでも多忙を極めるのに、規定の労働時間以外にも仕事がたくさんあって、残業しなければならなくなることが多いです。

 

 

それでも、多忙を極めていてくたびれている時でも常に患者さんやご家族の前では笑顔を忘れません。つい先ほどまで愚痴をこぼしていたとしてもすぐに笑顔になれるので、看護師はさながら女優だなと感じます。

 

少子高齢化が進んで、高齢者の数ばかり増えており、病院を訪ねる高齢者は増えて患者数の総数を押し上げており、看護師もますます忙しくなってきています。
厳しい労働環境の中で、長時間の残業と夜勤を続けたため、結果として過労死を迎えてしまった看護師もいました。

 

 

 

たとえ夜勤をしない日勤だけの仕事になっても、多くは訪問介護の仕事があったりして、そうした仕事においても、高齢者の数が増え続けているため、現場は常に人手不足で、看護師の需要は高いままであり、高齢化社会のつけを看護師が一身に引き受けるような形にもなっています。看護師の勉強をするための学校には医療系の大学または専門学校を選択する必要があります。

 

大学の場合のいい面は高度に専門化された分野についての学習が可能なこと、より幅広く知識を修得できるということでしょう。
その一方で、専門学校の場合はどうでしょうか。専門学校では、実習が多くあり、早い段階でより実用的な内容について学ぶことで、実習を生かして、即戦力となれる場合が多いです。そして、必要とされる学費についてはなんと大学の学費の十分の一程度です。給料についてですが、看護師の場合はどこで働いているかによって、大きく額が異なります。個人病院、大学病院、公立病院など勤め先はいろいろあります。
退職する時に出る手当である、退職金については、国立や公立の医療機関の場合は、きちんと勤続年数や仕事内容による退職金の算出方法が確立していますので、そうした規定に沿って支払われます。
一方、個人経営の病院になると、病院によっては退職金の取り決めさえない場合がありますので、最終的に、院長先生がどう考えているか、といったところに収束するのかもしれません。つまり、規定に沿う額の退職金がきちんと支払われるのは公立病院で、あとは病院によるようです。

 

 

「看護士」と「看護師」、両方とも発音は一緒です。

 

それぞれ漢字表記にすると、こうして二種の字で表せます。昔は看護士と書いた場合は男性のことを指し、女性に対して使う時は看護婦、という様に区別がしっかりついていました。

 

法律が変更された2001年を境に、女性にも男性にも使うことができる看護師という呼び方に一元化しました。たくさんの人と出会える街コンですが街コンへの参加を決める看護師というのは、実は少なからずいるのです。同僚の大多数が女性、ということも多く、なかなか男性と関わる機会がなく、新しい出会いを求めて、看護師がエントリーするのです。

 

街コンの場面でも、看護師は人気があります。
ただし、もしも新しい出会いがあっても仕事が規則的でないということが原因で、破局をむかえることが多いと言われています。
転職の際には、ご多分に漏れず看護師の場合も履歴書が必須となりますが、注意すべきことがあります。
それは何かと言いますと、その履歴書で最も重要な志望の理由の書き方です。

 

どうするのが良いかというと、雇用条件や労働環境の良さを志望理由とするのではなく、研鑽に励みたいという理由や「それまで身に着けたことを生かして働けそうだから」といった理由のように、やる気に満ちたような内容がいいと思います。病院で看護師として働くために資格取得は絶対条件ですが、その難易度はどの程度だと思いますか?試験の合格率ですが、毎年90%前後のようです。試験内容自体が、それまでの学校生活で理解していれば難なく合格できるものですから、それほど取得が難関な資格という訳でもないようです。夜勤シフトもあって、看護師の勤務時間は一定しません。働いた分の休みはちゃんとありますが、身体的に辛いということもあって、結婚、出産を理由に退職に至る人はかなり多い、というのが問題となっています。

 

 

 

結婚はともかく、出産を経て子育てスタート、となった時、それこそ24時間保育可能な預け先を見つけ出せないとまず、夜勤はできなくなってしまうでしょう。

 

しかしながら近年、子供が充分に育ったことによりまた看護師となって復職を果たすという、そういった人が増えてきており、大きな戦力となっています。あまり一般的ではないかもしれませんが、看護師が働ける職場として保育園もあるのです。
保育園に勤めるということで、育児の経験があったり子供の世話が好きな方はおススメの職場だと言えますね。

 

仕事の内容は、園児たちの体調や怪我にすぐに対応できるようにしながら、お世話や授乳など保育士のお手伝いするという必要不可欠な仕事なのです。