マイナビ看護師


株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス
医療系転職支援サービスのプロがサポート

日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など
豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり



マイナビ看護師 詳細はこちら



https://kango.mynavi.jp/




パソナメディカル



医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ
登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介

登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー
なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実



パソナメディカル 詳細はこちら



http://nr.pasonamedical.com/




ナースフル



とらばーゆ、タウンワーク、リクナビ等で年間100万人以上
の転職を支援のリクルートが運営

首都圏/関西/東海/九州エリアの求人に強く
上京サポートも充実



ナースフル 詳細はこちら



https://nurseful.jp/




看護のお仕事




全国求人対応・転職成功で、転職支援金あり
業界最大級の非公開求人(=好条件求人)保有数

地域ごとに専任のコンサルタント。
地域密着型のご提案が可能



看護のお仕事 詳細はこちら



http://kango-oshigoto.jp/




ナースパワー人材センター




看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア
業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用

沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評



ナースパワー人材センター 詳細はこちら



http://nursepower.co.jp/





看護師辞めたい4年目

一般的に、看護部長の下について病棟を取りまとめる看護師長の仕事と言えば、看護部長の仕事をサポートしたり、看護師たちを指導する等、会社組織でいうと、課長職に相当するものです。課長職につく人物の収入が大企業と中小企業で変わることから分かるように、看護師の年収は、病院の規模で全く異なるのです。他にも、公立病院と民間病院の差や、都会や田舎といった地域差も年収に影響しており、具体的には、最も収入の良い公立病院に勤めた時の年収は、おおよそ750万円前後だとみられます。

 

昨今の看護師不足は社会問題に繋がっています。

 

 

 

原因は様々ですが、その一つとして看護師の労働環境が大変つらいものだということが言えるでしょう。
近年、看護師の医療行為が解禁されたことで仕事が増加する一方になり、勤務時間も長時間になって、簡単に休みを取る事も出来ませんので、疲れが溜まってしまいます。

 

 

勤務形態によっては夜勤が必須になりますから、出産後に辞める道を選ぶ人も多いのです。
看護師の資格というものの最も強みとなる点はというと、やっぱり、看護師として勤務していない時間があっても、また看護師に戻れるという点です。どうしてかというと、看護師の仕事が専門職だということ、人手不足であるということが大きくかかわっていると言えます。

 

どこに転職するか、またどういった雇用形態なのかなどに特にこだわっていなければ時と場合により五十代でも復帰できます。

 

 

 

看護師試験合格に向けて学ぶ場所として大学と専門学校という二つがあります。大学の場合のいい面はその時点での最先端の医療を含め、高度な勉強が可能であるということと、より幅広く知識を修得できるということでしょう。
他方、専門学校に関しては、実習が多いので実践的なことを学ぶ機会に恵まれており、働き始めた時点である程度の戦力になることが出来るということが特徴として挙げられます。
さらに学費に関していえば専門学校の場合は大学の学費の十分の一ほどなので、とても安いです。

 

 

 

働きながら妊娠したら、看護師として特に注意するべきは、まず、胎児が放射線の影響を受けることがないようにする、ということです。
エックス線撮影やCTなど放射線を利用する検査の際、そこに居合わせることもよくありますから、慎重に行動してください。もう一つ、薬のことも妊婦にとって危険な、強い薬に接することもあり、気をつけないといけません。

 

また、立ち仕事をはじめ、何かと忙しく無理をしやすい仕事なので、流産してしまったり、早産になってしまうなどの確率が若干高めです。それを踏まえ、妊娠期間中だけでも、きちんと休憩を取って無理をしない勤務を徹底してください。

 

 

健康上の問題を抱えやすい高齢者人口が増加するに伴い、この何年か特に医療的な処置を必要とする人々が増えてます。

 

ということはつまり、医療機関で働く看護師に関しても現場では切実に求められているのに、現在、医療機関はどこでも人手不足のようです。

 

けれども、それほど人手が足りない状況だと、それによって求人も多くなりますから、転職先に困ることはない、という大きなメリットもあります。

 

 

 

私の勤め先は病院の事務です。看護師さんとは正直、仕事中にはあまりかかわりがないのですがいつでも皆さん忙しくされています。
夜勤をして家事をして育児をしてと本当に忙しい毎日だろうなと思っています。

 

しかし、案外、「うまくやられているんだな」と忘年会の時に感じました。子供を連れてきている看護師さんが相当いるんですよ。

 

 

 

先生方も笑顔で、アットホームな雰囲気でした。

 

 

 

病院での勤務は、おおまかに病棟勤務と外来勤務に分かれますが、外来勤務の良い所というと、日勤だけ、という部分が大きいです。特に子育て中のナースにとっては大きなメリットです。

 

そしてまた、外来勤務では夜勤はないですし、多くの場合は土日と祝日はお休みになります。

 

勤務中に忙しい思いをするのかどうかは、病院によりますが、人気の医師のところなどでは、大勢の人で待合室が飽和状態になるほどで、看護師は対応に追われることになるでしょうし、待たされる患者からはクレームも入るでしょう。
どんなスキルが必要になるか、ということもどういった病院か、診療科はどこかによって違ってきます。

 

 

 

将来、看護師として働くための教育を受けられる機関としてよく知られている、二つの方法があります。

 

それは、看護専門学校に行く方法と看護大学に行く方法です。授業の内容などはそこまで変わらないのですが大卒の場合、キャリアを上げるのに有利な要素となり、専門学校を卒業した場合と比べるとやや給料が良くなります。他方、看護師の専門学校の利点を挙げると、大学に通うより学費の負担が軽減できて、実習時間が多く設けられているため、実習を生かして、即戦力となれる場合が多いことです。海外で医療に携わる者として何かできる事がないのかと考えている看護師の方もいると思います。海外でも看護師の需要は大きくなる一方で、看護師は常に求められているのです。海外で看護師とし働くためには、患者とやりとりをするうえで英語を話せることが絶対条件になります。
看護師として海外で働きたい場合、きちんと英語を学んでおくべきです。勤務中の看護師というのは片時も気を抜くことはできないでしょうし、こうした生活が続くと大抵、大きなストレスを感じることになるはずです。

 

つまりこの仕事は、体力的につらい面に加えて、精神的なきつさも感じることになります。
ストレスを和らげ、自らをケアする手段を持っているということは大きな利点であり、この仕事を続けていくのであれば見逃すことのできない点になるでしょう。
夜勤シフトもあって、看護師の勤務時間は一定しません。当然、休みはきちんともらえますけれど、大変であることは間違いなく、結婚や出産を機に退職を決意するケースが引きも切らず、働き盛りの看護師が辞めるのは、職場としても頭の痛いところでしょう。
結婚はともかく、出産を経て子育てスタート、となった時、それこそ24時間保育可能な預け先を見つけ出せないと夜中に家を空けなければならない夜勤など、ほぼできなくなるのが普通です。

 

けれども、ここ何年かのことですが、育児を終えてもう一度看護師として働くことを希望する人も徐々に増えつつあるようです。人材として需要が高いため、看護師は転職しやすいです。まず履歴書を、転職を希望する医療機関に提出して書類選考を受け、これに合格した後、面接という流れになるのがふつうです。

 

 

 

この面接において、自分がこれまで勤めてきた職場における経験や持っている技能について話をすることになります。
しかし、看護師としての能力と同様に、面接官によって、あなたが同じ職場で働く仲間としてどうなのか、人間的な部分も注意深く観察されることになるはずです。
実務能力はもちろんですが、協調性が高いなどといった長所も相手側に知ってもらうことも大事なことなのです。

 

 

高給取りで知られる看護師ですが、その中にも、もっと収入を得たいと考えて、Wワークに挑む人もいます。看護師の資格を持っていれば、健診センター、健康診断、ツアーナース、イベントナースなどといった短期や単発の仕事が探すとたくさん出てきますから、Wワークをしようと思えばできるのです。
ですが、本業で勤めている病院で休みをきちんと取らせるためにも、Wワークを禁じているところはありますし、何と言っても、看護師の仕事そのものが大変な激務なので、無理をしてまで副業を行うのは、感心できません。
一口に看護師といっても、その職場は多種多様で、比較的大きな総合病院から地域の町医者まで様々にあります。

 

 

他にも、介護施設や保育園に看護師が常駐しているケースがあります。

 

会社によって給料が変わるもので、当然ながら、看護師の場合も同じでしょう。
町医者と総合病院とでは、どうしても貰える給与に違いがあるのです。

 

ですので、看護師だからといって平均年収がいくらだと言うのも、難しいものだと思います。病気になって気落ちしていると頼りになる看護師の存在は気持ちを前向きにしてくれるものですが、その労働は過酷なものであることが多いのです。
具体的には、覚えておかなければいけない仕事や繰り返しのチェックなど相当の緊張とストレスがかかっている事もあるのです。こうした仕事のストレスから、看護師の中にはうつ病になっている方も少なくないそうです。看護師に多いのですが、真面目で責任感が強いタイプやストレス発散方法がないという場合は要注意だと言えます。

 

 

看護師がかぶる帽子というのは、看護師を目指す学生が意識を高めるための式の一場面でつけられる帽子です。看護師にとってあの帽子は、料理人にとっての帽子より深い意味を持つものなのではないでしょうか。

 

けれども、ここ数年の間に看護師の着る制服というのも変遷を遂げており、帽子が持つ意味が薄れてしまう日もそう遠くないでしょう。過去の意味が忘れ去られてしまい、髪が落ちないようにするためだけのものになってしまうのは悲しい気もしますが、それも移ろいゆく世の中、仕方がないことなのでしょう。

 

 

 

医療従事者という意味では、看護師には煙草を嗜む人が少ない気がしますが、やはり平均的な禁煙率よりも、看護師の喫煙率は少ないそうです。

 

医療施設で病気の患者と接触のある職業ですから、煙草を吸って臭いが身体に残らないように意識している看護師が多いと理解できます。