ナースではたらこ
日本最大級の看護師専門の転職・求人情報サイト
看護師人材紹介「満足度No.1」(楽天リサーチ調べ)

常勤・非常勤どちらもご紹介可能
ネットには出ない非公開求人多数


ナースではたらこ 詳細はこちら


http://iryo-de-hatarako.net/


リクルート・ナースフル
とらばーゆ、タウンワーク、リクナビ等で年間100万人以上
の転職を支援のリクルートが運営

首都圏/関西/東海/九州エリアの求人に強く
上京サポートも充実


ナースフル 詳細はこちら


https://nurseful.jp/


看護のお仕事
全国・24時間電話対応・転職成功で、転職支援金あり
業界最大級の非公開求人(=好条件求人)保有数

地域ごとに専任のコンサルタント。
地域密着型のご提案が可能


看護のお仕事 詳細はこちら


http://kango-oshigoto.jp/


ナースパワー人材センター

看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア
業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用

沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評




ナースパワー人材センター 詳細はこちら



http://nursepower.co.jp/


ジョブデポ看護師転職・求人

8万件以上の求人件数を誇る日本最大級の看護師
専門の転職支援サービス

希望条件を専任のコンサルタントに伝えるだけでスピーディーにお仕事をご紹介
ご入職が決まると、最大40万円のお祝い金をプレゼント


ジョブデポ看護師転職・求人




https://j-depo.com/


非公開best求人看護師年収ベスト

小さい頃から看護師として働きたいと思っていましたが、家庭の事情があって会社員としてしばらく働きました。しかし、看護師になりたいという気持ちが大きくなるばかりでした。
資格を持たないまま看護関係の仕事に転職するということも考えましたが、どうせだったら資格を取りたいと思っていました。すると、現場で看護助手として働くと同時に資格を取ることが出来る事を知りました。

 

 

 

子供のころからの夢を叶えるために、頑張りたいと思います。今以上に自分の看護師としてのスキルを上げたいと希望するなら、一にも経験、二にも経験となります。

 

起こり得る様々なケースに、対応したマニュアルが完備されている、といったようなことは、看護師という仕事柄あり得ません。

 

 

 

なので、たゆまぬ努力と、研鑽を重ねていくしかないのです。

 

 

 

ところで、更なるスキル向上を狙って新しい職場を探す、という人も少なくありません。救急や最先端の医療を行なう大きな病院などで働くことにより、自分の看護師スキルの質を上げていこうとする、ポジティブな考え方の転職ですね。看護師という職業は収入が安定しているというイメージを持たれやすいので「ローンを組みたい」という時でも往々にして、簡単に審査に通りがちです。

 

ですが、看護師の中でも非常勤の場合など、多少安定していないというケースでは注意しなければなりません。

 

 

ローンを組む際に、スムーズに行くことが多いのは正職員という形で勤務中の安定した勤務形態で働いている看護師について言えることなので、看護師であっても勤務形態が非常勤となると、ローンを組む際にスムーズにはいかないことがあります。

 

 

 

病気の治療では患者との信頼関係が重要になります。

 

 

患者に不信感を与えないためにも、看護師は服装や髪形など、外見を整えておく事を忘れてはいけません。

 

 

 

メイクが必要な女性では、派手な化粧はなるだけ控えておいて、TPOに合わせたナチュラルメイクにしておくのがおススメです。

 

すっぴんとは異なり、きちんとした雰囲気になるので、周りに与える印象が良くなるでしょう。医師も看護師も主に病気の人と接する仕事ですが、二つの間には大きな違いがあります。
明らかな違いといえば、医師とは、病気にかかった人の診察や治療、予防指導を行ったり、必要なお薬を処方するといったことが仕事の内容です。そして看護師については、必要に応じて医師が出す指示の通りに、医師が診療を行う際に、その補助をすることや医療面はもちろん、精神面でも患者さんをサポートしていく仕事です。
もし、看護師が外科を勤務先として選択した場合の考えられる良い側面と良くない側面を分かっておく必要があります。まず、手術前の患者や手術直後の患者のケアを経験できるので、スキルアップに繋がります。良くない面を挙げると、一人の患者の看護を出来る期間が短いため、長期間じっくりと患者との関係を構築していくということが難しい点があります。近頃は、ますます看護師は不足気味です。かつて看護師資格を取得したけれど、看護師として働いていない人も多くいます。

 

このように看護師が足りなくなるのは何故かというと看護師は離職率が高いという現実に起因するものだと思います。それでは離職率がどれくらいなのかといいますと、常勤看護師の場合、およそ11パーセントもあります。女性の割合が多い仕事なので、出産または育児のために退職せざるを得ないという場合もあるのですが、それ以外にも、労働環境の過酷さも、離職率アップに加担しているのではないでしょうか。夜勤シフトもあって、看護師の勤務時間は一定しません。

 

規定通りの休みをとることはもちろんできるのですが、なかなかハードではあります。そして、結婚や出産といった機会に退職する看護師も大勢いる、というのが現実です。特に子供ができると安心して託児ができる施設などがなければ夜中に家を空けなければならない夜勤など、ほぼできなくなるのが普通です。しかし最近になって、子育てが済んだということで再び看護師として働きだすようになる人もいて、そんな例が増加傾向にあり、ブランクはあれど経験者ですから、期待されています。
今日のところ、日本ではインドネシア、フィリピン、及びベトナムとの間で締結されたEPA(経済連携協定)に基づき、外国人看護師候補生という方々を受け入れています。
とは言っても、日本語で作製された看護師の国家試験を受験し、3年間のうちに合格し、晴れて看護師、とならなかった場合には母国へ帰国することになります。

 

勤務をしながら日本語の勉強をして、さらに、国家試験に受かり看護師となるために勉強までしなければならないということで、とても大変だというのが現状です。
交代制で病棟勤務をしていると、土日も何もあったものではありませんが、一応、土日祝日を休みにするようにもできます。

 

簡単なのは、病棟勤務から外来勤務に移ることで、そうすると、基本的に土日は休みになります。

 

 

変則的な出勤があったり、休日診療に出ることになったりもしますが、でも、ほぼ安定して土日は休めます。他には、個人の病院で入院施設がなければ、診療科にもよりますが、たいてい土日は休めるようになっているでしょう。看護師は、患者と接しなければいけないので、印象の良いヘアスタイルにも配慮することをおススメします。看護師として、患者からどのように見られているかを意識しながら、清潔な印象を与えるヘアスタイルにすることが良いでしょう。

 

 

 

病院の雰囲気や方針次第で、看護師の髪形に対するルールが違うことを理解しておきましょう。主な看護師長の仕事と言えば、各病棟をとりまとめるほかに、看護部長の仕事をサポートしたり、看護師たちを指導する等、会社組織でいうと、課長職に相当するものです。普通に課長職といっても、その年収が大企業と中小企業で変わることから分かるように、病院の規模の大きさで看護師の年収もそれぞれ違いがあります。あるいは、公立と民間、都会と田舎といった差が収入に違いを生んでいます。

 

ついでに言えば、最も高額と考えられるケースは公立病院に勤めた場合で、約750万円と想定されます。看護師といえば、仕事のハードさがよく知られていますが、看護師をしている人の寿命がとても短い、というようなことはありません。
でも、夜勤もあって規則正しい生活が難しいこともあり、寝不足や疲労から体調を悪くしたり、強いストレスを感じることはよくあります。そういう看護師の仕事を続けていると、医療にずっと関わり続けて多少の知識も身に付き、患者の身体の状態が、ある程度わかることもでてきますし、それだけでなく自分自身の身体のこともわかるようになったりするようです。法律において、看護師というものは医師の診療を補助する役割と定められています。

 

医療行為を行うことは、原則として認められていませんが、処置が可能な場合もあり、医師から指示を受けた時がそれにあたります。しかしながら、患者の状態が悪くなり、緊急の場合や、急を要する場合には、経験豊富な看護師であれば、それなりの医療行為も許可されてもいいのではないかと考えています。業務を交代制で進めていく中での極めて大事な仕事の一つとして、多くの病院では、申し送りを行っています。患者さんに行なわれた処置についてや、投薬量の変化といった情報、業務を行なう上で必要な事柄を口頭で直接、次の人に話します。

 

 

伝え忘れなどミスのないようにし、また、相手がきちんと理解できるようになるべく簡素に報告しなければなりません。
あと、なるべく短い時間でてきばきと、的確な申し送りをすることも大事なことになります。
私が看護師になった理由は中学での職業体験でのことでした。介護施設に行ったのですが、そこの看護師さんに感銘を受けたのがきっかけとなりました。将来は、ああいう風になりたいと感じたのが始まりでそこから看護学校へ進み、看護師になることが出来ました。確かにつらいこともあります。

 

しかし、それなりに充実していると思います。

 

 

 

看護士と看護師、発音は当然同じですが、漢字で書いてみると二通りで表すことができます。

 

昔は「看護士」が男性、そして、女性を指す際には看護婦と、わかりやすく区別されていました。

 

 

 

それが、2001年に法律が改正され、性別に無関係に使用できる看護師という呼び方にまとめられることになったわけです。

 

夜勤は看護師にとって避けられるものではありませんが、どうしても体が慣れずに体調不良になる場合、日勤のみが可能な職場もあります。注意しておかなくてはならない点として、夜勤の際の深夜労働手当てが支給されないので、夜勤で働いていた頃に比べて給料が少なくなってしまう事が少なくありません。
例え年収が下がったとしても、転職をするかどうか、よく考えることをおすすめします。