マイナビ看護師


株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス
医療系転職支援サービスのプロがサポート

日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など
豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり



マイナビ看護師 詳細はこちら



https://kango.mynavi.jp/




パソナメディカル



医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ
登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介

登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー
なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実



パソナメディカル 詳細はこちら



http://nr.pasonamedical.com/




ナースフル



とらばーゆ、タウンワーク、リクナビ等で年間100万人以上
の転職を支援のリクルートが運営

首都圏/関西/東海/九州エリアの求人に強く
上京サポートも充実



ナースフル 詳細はこちら



https://nurseful.jp/




看護のお仕事




全国求人対応・転職成功で、転職支援金あり
業界最大級の非公開求人(=好条件求人)保有数

地域ごとに専任のコンサルタント。
地域密着型のご提案が可能



看護のお仕事 詳細はこちら



http://kango-oshigoto.jp/




ナースパワー人材センター




看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア
業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用

沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評



ナースパワー人材センター 詳細はこちら



http://nursepower.co.jp/





Best看護師求人サイト

学校を卒業したばかりの新人ですとか、他の病院から転職してきた看護師の場合、残業したことによって支払われるべき給金がちゃんと払ってもらえないことがあるようです。残業をさせておきながらその分の賃金を出さないでいるということは、勤続年数や経験などは関係せず労基法違反であり、犯罪です。

 

 

残業は賃金を支払う対象になる労働ですから、労働した時間分はきっちり、手当として支払われなければなりません。特に90年代の終わり頃でしょうか、仕事としての看護師は、かなりハードな部類に入るとイメージされていたようなのですが、ここ数年、仕事内容に相当する高額の給金を獲得できることを、知らない人はあまりいないはずです。

 

 

 

看護師の手にする給料というのは、家の屋台骨として充分に、世帯収入を背負っていけるくらいの額はもらえます。
そう、つまり看護師はかなりの高給を期待できる仕事なのです。看護師は、患者と接する場合が多いので、髪形にも配慮することをおススメします。看護師として、患者からどのように見られているかを意識しながら、まずは清潔感を重視した髪形にすることが良いと思います。
また、病院によっては、看護師の髪形に対するルールが違うことを知っておいた方が良いでしょう。
一般的に、看護師が持つ悩みに多いものと言えば、勤めている職場の人間関係の問題や夜勤で体調を崩すといった問題があります。どうしても、女性が多い職場になると、派閥やいじめなど、ドロドロな人間関係が構築されていることも少なくないのです。
勤務時間が不規則で、夜勤を避けられないのも健康上好ましくありません。

 

 

 

自分の健康を害するほどのストレスを溜める前に、潔く転職し、人間関係も良く日勤で働ける職場を探すのも間違いではありません。出戻り、つまり一度職場をやめてからまた同じ職場に戻ってくることですが、看護師のこれは多いです。

 

その際ですが、再就職ができるのか、できないのかというのは当の職場の求人事情や辞めた理由などにより、違ってくるでしょう。よくあるのは転居や結婚を理由に辞めたり、他には出産や育児をするために辞めた、などであるなら、心理的にも、職場にとっても出戻りは簡単でしょう。実際に、こうして働いている看護師は多いです。

 

 

 

諸々の事情により正職員を避け、パートタイマーとして出戻ってきて、働く人も増加中です。

 

 

 

看護師は、他業種と比べても給金は良い方ですが、それでも、更なる収入を求めて、副業に精を出す人もいます。

 

専門職の強みでもありますが、資格さえあれば、ツアーナース、健康診断のサポート、その他いろいろと短期や単発の仕事が探すとたくさん出てきますから、本業の休みの日を使ってWワークというのも、体力さえあればやりやすいようです。しかし、メインの方の職場で休みをきちんと取らせるためにも、Wワークを禁じているところはありますし、そもそも看護師の仕事そのものがかなりきついものですから、本業に支障が出るまで副業に励むのは、止めておくべきです。交代制勤務や夜勤の仕事、煩雑な業務に外見のチェックまでハードな仕事を強いられる看護師でも、申し送りは、最も気を抜けない仕事のひとつのようです。

 

 

受け持っている患者の健康状態や行った処置など、患者に関するすべての出来事を把握し、きちんと交代する看護師に伝える必要があります。
簡単な伝言で済むレベルのものもよくありますが、症状に対する重要な処置の方法などに関しては安易な気持ちで申し送りできないものです。

 

 

看護師だった知人は、病気になってしまって、その療養のために一度看護師を辞めています。

 

ですが、身体の調子が治ったら、現場に復帰して、病院で看護師としての仕事を続けているのです。

 

多少のブランクでも、有利な資格があれば比較的簡単に職に復帰できるんですよね。やはり資格が大切なことが改めて分かりました。

 

 

外科勤務の看護師の、考えられる良い側面と良くない側面を理解しておきましょう。
手術を受ける前の患者や術後の患者のケアを行うことにより、看護師の成長に役立ちます。
残念なことは、担当患者が短いスパンで変わっていくため、長期間じっくりと患者との関係を構築していくということが難しい点があります。

 

 

 

総じて看護師の職はハードワークだと言われますが勤務するのが、労働基準法で言われている「8時間」でおさまることは個人医院であるとか、クリニックであるとかいう場合を除いては、ほぼないと思ってよいでしょう。
例として、二交代制の病院勤務のケースだと、途中で休憩をとることはとるのですが、トータルで16時間勤務になってしまうこともあります。こういった長時間勤務の実態も看護師がキツイというイメージを持たれる原因になっていると思います。看護師として患者から信頼してもらうためにも、看護師はその外見に問題がないのか気を付けておくことが必要になります。メイクをする女性の場合、けばけばしいような派手なメイクは厳禁ですから、誰にでも好印象になるナチュラルメイクを施すのが一番良いでしょう。

 

 

ノーメイクという訳でもありませんから、きちんとした雰囲気になるので、周りに与える印象が変わりますよ。
免許が必要な専門職である看護師は求人が途切れるようなことはありません。
ですから、再就職を考えたとしてもすぐに叶うでしょうし、丹念に当たってみるなら、自分にとって、かなり条件が合う職場にであうことも可能でしょう。
最近スマホやPCで閲覧可能となっている転職や求人を看護師に特化したサイトがたくさんありますから、そういうサイトを巡ったり、会員登録をしてみたりしてぜひ充分に吟味を重ねて、相性のいい職場を見つけてみてください。
看護師の仕事の実態は、ドラマとは全く違います。

 

普通の業務だけでも多忙を極めるのに、終業時間を超えても業務が残っていることが多く、残業を強いられることがままあります。

 

それでも、多忙を極めていてくたびれている時でも常に患者さんやご家族の前では笑顔を忘れません。

 

ほんの少し前まで文句を言っていた人がぱっと笑顔を作れるのですから看護師はさながら女優だなと感じます。今以上に自分の看護師としてのスキルを上げたいと希望するなら、答えは簡単です。
経験を積む、これだけです。

 

 

万能の取扱説明書があって、それを覚えれば大丈夫というようなものではなく、臨機応変さが必要になってきますので、たゆまぬ努力と、研鑽を重ねていくしかないのです。そうした中、「看護師としてもっと上を目指したい」という理由で転職を考え始める人もいるようです。

 

 

 

救急や最先端の医療を行なう大きな病院などで腕を磨きたいという気持ちからくる、とてもアグレッシブな転職になります。検査や治療に当たっては採血や注射がつきものですが、これは一般的に看護師が行います。好んで注射や採血をしてもらうような人はそうそう多くいるとは思えませんが、どうしても打たれなければならないなら、痛くないよう、上手に打ってくれる看護師にお願いしたいですよね。でも、注射針を刺すのは看護師の腕次第ですから、注射が得意な人と不得意な人がいますから、まだ慣れていない看護師に処置されて痛い思いをすることもよくあります。

 

こればかりは個人でどうにかできる事ではないので、諦めて気持ちを切り替えた方が良いでしょう。一般的な認識では看護師は給料が安定している仕事だと位置づけられていますからもし、ローンを組もうとすることがあったとしても、どちらかと言うと審査にも通りやすいことが多いです。

 

 

 

けれども、非常勤勤務である場合等、非正規雇用の場合の看護師だとそうとは言えないことも多いです。

 

 

 

スムーズにローンを組むことが出来るのはどういった場合かというと正職員という形で勤務中の看護師の場合には当てはまることなのですが、非常勤で働いている看護師に関しては、ローンの面では不利と言えるかもしれません。

 

どこの業界にもこういったものはあるようですが、看護師の世界で通用する業界用語のひとつにカタカナでエッセンと書く言葉があります。
食事のために休憩するということを働いている他の人にわかってもらう目的で日常的に使用されています。ではこのエッセンというのは何かといえば、何かの略語とかではなく「食べる」を意味するドイツ語が由来だそうです。医療の現場においては、医療先進国ドイツの言葉がよく使われてきた歴史があり、現在までその習慣が微かに残っていて今の時代の看護師も、よく使う業界用語です。

 

 

以前はそれ程一般的ではなかった、看護師各々の能力評価ですが、これは多くの病院で行われるようになっています。

 

看護師の個々の能力を、間違いなく位置づけできるよう、評価の基準になるものを、しっかりと一から作った病院もたくさんあります。この評価は、病院により月一のこともあれば、年に一度だけ、という病院もあるようです。
自分の能力評価を受け続けることで、自分が次はどこまで能力評価を上げたいか、など目標を持つことができます。

 

また、やる気や、スキルのある看護師にとっては、とても良いシステムでしょう。