マイナビ看護師


株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス
医療系転職支援サービスのプロがサポート

日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など
豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり



マイナビ看護師 詳細はこちら



https://kango.mynavi.jp/




パソナメディカル



医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ
登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介

登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー
なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実



パソナメディカル 詳細はこちら



http://nr.pasonamedical.com/




ナースフル



とらばーゆ、タウンワーク、リクナビ等で年間100万人以上
の転職を支援のリクルートが運営

首都圏/関西/東海/九州エリアの求人に強く
上京サポートも充実



ナースフル 詳細はこちら



https://nurseful.jp/




看護のお仕事




全国求人対応・転職成功で、転職支援金あり
業界最大級の非公開求人(=好条件求人)保有数

地域ごとに専任のコンサルタント。
地域密着型のご提案が可能



看護のお仕事 詳細はこちら



http://kango-oshigoto.jp/




ナースパワー人材センター




看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア
業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用

沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評



ナースパワー人材センター 詳細はこちら



http://nursepower.co.jp/





best看護師転職サイト

職場を移りたい、と考える看護師は意外なほど多いようです。働く看護師が不足している病院などいくらでもあって、ですから、求人だってもちろん多いです。
勤務している今の職場で給料が相場より遥かに安かったり、人が少なすぎて全然休むことができない、というように、看護師が転職を希望するようになったわけは多様です。

 

 

 

もっと良い職場環境を期待したり、今より良い待遇を求めての転職である場合、給料や労働条件の確認も大事ですが、それだけではなく、どういった評判があるか、ということも知っておきたいですね。看護師を題材にしたドラマがよくありますが、あの様にはいかないのが現実なのです。

 

 

ハードな通常業務だけでなく、決められた労働時間以外の業務もあったりして残業しなければならなくなることが多いです。ですが、もしもひどく忙しく、疲れている場合でも患者さんやご家族に対しては笑顔でいなければなりません。少し前まで愚痴を言っていたような人がすぐに笑顔になれるので、時々、看護師は女優みたいだなと思うことがあります。少子高齢化が進み、ケガや病気のリスクが高い高齢者の増加によって、医者にかかる人の数を、そうした高齢者が押し上げて、看護師は忙しくなるばかりです。労働環境は、決して整っているとは言えず、無理をして夜勤を続け過ぎたあまりに、残念なことですが、過労死してしまった看護師もいるのです。では夜勤をはやめて日勤中心の仕事に変わったとしても、訪問介護で自宅療養中の患者をみることになったり、そうした仕事においても、高齢者の数が増え続けているため、現場は常に人手不足で、看護師の需要は高いままであり、どうやら、看護師を巡る環境は、どこであっても厳しいみたいです。

 

 

 

昨今、病院が統合したり閉鎖したりすることが続いて、看護師の不足が浮き彫りとなっています。

 

日勤や夜勤といった不規則な勤務体系に加えて急患にも応じなければならないので、たくさんの看護師がとても大変な思いをしているという現実があります。
男性看護師の割合も増加しているのですが、まだまだ女性の割合の方が多い仕事ですから、ストレスにやられてしまったり、自分のタイミングでトイレにいけないため、便秘を患っている看護師も多くいるということは深刻な現状を表しているといえます。基本的に定休制の会社員とは異なり、看護師の休みは働いている職場で違うのです。とりわけ3交代制が敷かれた職場ですと、あらかじめシフトを組んで勤務しますから、休日勤務や平日休みになることが一般的です。
一見、デメリットが多そうに感じるかもしれませんが、職場の環境によっては、希望する休日のシフトを組むことも可能ですから、上手く休日のスケジュールと予定を合わせるのが良いでしょう。少子化や高齢化のために、医療の仕事を行う人々というのはもっと増加することが急務とされる日が来ると考えられています。

 

ですから、今でさえ足りていない看護師ですが、しばらくの間はこの状態のままだろうと予想がつきます。
毎年毎年、絶えることなく新たな看護師が世に生み出されているはずなのに、それでも看護師が足りていないのは労働環境や条件の改善が図られていないことで退職してしまう人が多いというのも原因として挙げられます。看護師として、初めての病院で働きだそうとする際、自分がどこに配属されるか、というのは少々心配かもしれませんが、ほぼ希望を通してくれる病院もありますし、人事担当者の考え次第で決定に至ることもあります。
配属先の決定は、病院側によって、人材を希望する各部署からの要望と、新人の適性から判断され、検討された結果であることがほとんどでしょう。ですがもし、配属先での仕事があまりにも自分向きでない、など疑問に思うのなら、上司にそれを伝えて、相談してみることもできます。

 

言うまでもなく、看護師の仕事というのはきついものであり、やり辛さを感じることがあっても、おかしくありません。二交代制、三交代制で避けては通れない夜勤も続けるうちに生活が不規則になってしまい、そんな生活が、体調に響いてしまうのもよくあることです。昼夜にわたる、大変な仕事によってどうしようもなく疲労を溜めてしまい、腰痛や頭痛に苦しむことになり、ようやく「少し無理をしているのかも」などと思い知らされることもあるのです。

 

 

 

皆さんご存知のように、看護師の職場環境は千差万別で、比較的大きな総合病院から地域の町医者まで様々にあります。意外なところでは、介護施設や保育園も看護師の職場です。給料は勤めている会社によって違うものですが、同じことが看護師にも言えます。

 

 

地域の診療所と総合病院とでは、やはり年収にも差が出てきます。
ですので、看護師として働く人の平均年収がこれだけの額になる、と明確に言えるものでは無いのです。

 

 

 

昔の話ですが、かつての看護師といったらほとんどが看護「婦」さん、つまり女性の仕事でした。

 

 

 

でも、今では一般的に「看護師」という名称が使われているように男女共に働く職業となってきました。実際に看護師に必要な適性を考慮しても、こうした変化はごく自然な流れだと言えるでしょう。本来女性が持っているような優しさだけでなく、緊急を要する現場で必要になる冷静な判断力や瞬発力、十分な体力もこれからの看護師にとって大切な要素だと言えますね。

 

正看護師は国家資格ですので、これを取得しようと思うと、看護課程のある大学や専門学校で学び、無事に卒業するのが必須です。それが試験の受験資格でもあります。

 

 

 

ところが、学校に入学するにも高い倍率を勝ち抜かなければいけないため、看護学校受験のための予備校に通って勉強する人もいます。

 

正看護師の資格が欲しいけれど、いま既に働いているという方は、通信過程で学べる学校があるので、そちらで勉強して資格取得を目指すのがおススメです。

 

日々、看護師の激務に追われて働き続けていくと、辛酸をなめるようなことも多いでしょう。どこが一番楽のできる診療科か、ということを真剣に検討し始めても、それはごく自然なことです。全体的に見て、比較的忙しくない診療科としては、残業や夜勤がないということから、皮膚科、眼科、精神科、整形外科などが挙げられます。

 

 

 

ところが、専門性の高さですとか、どういった症状の患者さんを診ているのかによって、ハードさの度合いは違ってくるはずです。
ほとんどの病院では、看護師長の主な仕事内容は、各病棟のとりまとめや、看護部長をサポートしたり、看護師の指導教育といったもので、一般の会社組織においては課長職に近いものです。

 

 

 

課長職の年収とはいえ大企業と中小企業で変わることから分かるように、看護師の収入も、勤めている病院の大きさで違ってくるのです。
あるいは、公立と民間、都会と田舎といった差が収入に違いを生んでいます。

 

稼ぎの良い公立病院に勤めるケースでは約750万円と見られています。
職場において、仕事のできる看護師を目指すには、答えは簡単です。

 

 

 

経験を積む、これだけです。事に当たって、全てに対応できる手引書が用意されているといったシンプルな仕事でもないため、実地に経験していくしかない、ということです。

 

そうした中、「看護師としてもっと上を目指したい」という理由で別の仕事先を探す人も一定数います。規模の大きい病院に移って看護師スキルをさらに底上げを図ろうとする、チャレンジ精神からきた動機です。昔読んだ本の影響で、看護師になりたいと思っていました。しかし、家の都合によってしばらくOLとして会社に勤めていました。

 

でも、夢を諦められませんでした。無資格でも看護関係の仕事に就くという選択肢もあるのですが、夢をかなえるためにも資格の取得を考えていました。すると、医療施設で看護助手として勤めながら看護師の資格を取ることが出来る方法がある事が分かりました。この方法で看護師の夢を叶えたいです。

 

 

 

誰もが一度は見たことがあるであろう看護師の帽子。あの帽子というのは、戴帽式という、看護学生が実習に出る直前の式でかぶせられるものです。

 

料理人も帽子を被っていますが、それよりも特別な意味を持つものといっても過言ではありません。ですが、近年では看護師の着る制服というのも変遷を遂げており、帽子が特別な意味を持たなくなってくるのも時間の問題でしょう。

 

髪の毛が落ちないようにするためのものという、これまでのような深い意味を持った存在ではなくなってしまうのは悲しい気もしますが、それも移ろいゆく世の中、仕方がないことなのでしょう。

 

 

 

新卒、もしくは、既卒の方が看護師の働き口を探してみても決まらず困っている話を聞きますが、もしかしたら年齢制限によって弾かれている可能性があります。

 

求人サイトなどには年齢についての制限を載せていない場合も、病院が裏で何歳以下だけを採用すると決めている場合があります。

 

 

中でも、30歳以上で未経験の場合、相当な努力が必要になると思います。

 

私が看護師になった理由は職業体験というものが中学の時にあって介護施設に訪問したのですが、その時そこで働いていた看護師さんに感動したのがきっかけです。
将来的にはあんな職業をしたいと思って看護学校に行くことを決め、現在は看護師として勤務する毎日です。楽しいことばかりではありませんが、それなりに充実していると思います。