ナースではたらこ
日本最大級の看護師専門の転職・求人情報サイト
看護師人材紹介「満足度No.1」(楽天リサーチ調べ)

常勤・非常勤どちらもご紹介可能
ネットには出ない非公開求人多数


ナースではたらこ 詳細はこちら


http://iryo-de-hatarako.net/


リクルート・ナースフル
とらばーゆ、タウンワーク、リクナビ等で年間100万人以上
の転職を支援のリクルートが運営

首都圏/関西/東海/九州エリアの求人に強く
上京サポートも充実


ナースフル 詳細はこちら


https://nurseful.jp/


看護のお仕事
全国・24時間電話対応・転職成功で、転職支援金あり
業界最大級の非公開求人(=好条件求人)保有数

地域ごとに専任のコンサルタント。
地域密着型のご提案が可能


看護のお仕事 詳細はこちら


http://kango-oshigoto.jp/


ナースパワー人材センター

看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア
業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用

沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評




ナースパワー人材センター 詳細はこちら



http://nursepower.co.jp/


ジョブデポ看護師転職・求人

8万件以上の求人件数を誇る日本最大級の看護師
専門の転職支援サービス

希望条件を専任のコンサルタントに伝えるだけでスピーディーにお仕事をご紹介
ご入職が決まると、最大40万円のお祝い金をプレゼント


ジョブデポ看護師転職・求人




https://j-depo.com/


best5看護師求人サイト

他の一般的な職業と、看護師の収入などを比べたデータによると、平均年収という一点では確実に、看護師の方が上回るといいます。
慢性的に人手が不足している医療分野では常に需要が高い傾向が見られますから、例え不景気下であっても、年収額が大きく落ちることがない、というような専門職らしい長所もあるのでした。さてそんな看護師ですが、給料は良いものの、延々とサービス残業をさせられたりすることも多く、看護師の労働環境は、しっかり整っているとは言い難い状況です。

 

 

収入に関しては、看護師は高給取りではありますが、もっと収入を得たいと考えて、Wワークに挑む人もいます。

 

看護師の資格を持っていれば、ツアーナース、健康診断のサポート、その他いろいろと単発の仕事や、短期の仕事もたくさんありますので、休日を利用してWワークをしたければ、できてしまいます。

 

とは言え、メインで働いている職場の規定で副業をしないように、というお達しが出ていることがあります。そして、そもそも看護師の仕事そのものがかなりきついものですから、収入のためとはいえ、無理をしてはいけません。
看護師の不足は医療の現場に支障が出るほどの問題となりつつあります。
代表的な要因として看護師の労働環境が大変つらいものだということが言えるでしょう。

 

法改正によって、医師の仕事を看護師が担当できるようになったため看護師一人にかかる仕事量が増加し、労働時間も長くなりますから、簡単に休みを取る事も出来ませんので、疲れが溜まってしまいます。

 

また、子供を出産後、夜勤で働きながらの育児は困難だとして、看護師の職を離れる人も珍しくないのです。
以前辞めた職場にもう一度職を求めてやってくる、そんな出戻り看護師は大勢います。
とはいえ、再就職ができるのか、できないのかというのはどういった事情で職場を辞めたかによって変わるでしょう。
多いのは、結婚して、いわゆる寿退社を果たしたり、遠くに引っ越したり、あるいは出産、育児のために辞めた、というような事情なら、出戻りもしやすいはずです。

 

こうした形で復職する看護師は、確実に増えています。

 

それから、正職員として夜勤もこなすという働き方が難しいため、パートとして復職を果たす、という人も増えてきています。
看護師と言えば、勤務時間中はとにかく仕事に追われることが多いのですが、仕事上での必要性や重要度は大変高く、とても働きがいのある仕事であることは、間違いありません。
入院施設のある病院でしたら当然、夜間も稼働していますから、そこで働く看護師も24時間不在の時間があってはなりません。

 

なので、業務は日勤と夜勤という形に人員を交代させながら業務につくことになります。夜勤のある仕事ではどうしても、上手に生活のメリハリをつけないと充分な睡眠すらとれず、疲れやすくなる等、良くない影響が出てくるでしょう。
高齢者はケガや病気のリスクが高く、高齢者人口が増加していくことで、このところ次第に医療的な処置を必要とする人々が増えてます。

 

 

ということは、看護師に関してもどれだけいても足りないという程、看護師が足りなくて困っている、という病院はたいへん多いのです。
しかし、人材が不足している、ということはつまり、人材を求める病院がそれだけたくさんあるということでもあって、たくさんある中から条件のいい働き先を見つけられる等の利点を挙げることができます。
看護師になるための手段として、大学あるいは専門学校があり、看護師を目指す場合、どちらかに入ることとなります。
大学の特色は何かというとその時点での最先端の医療を含め、高度な勉強が可能であるということと、医療以外の一般教養的な内容についても勉強できることでしょう。

 

 

 

そして、専門学校の場合は、大学よりも長く実習時間を設けてあるため、実践的な内容を深く学ぶことができ、すぐに戦力として使える人材になれるでしょう。その他、学費に関しても専門学校に支払わなければならない学費は、大学のおよそ十分の一となっています。昔の看護師といえば、女性が担うものというイメージがありました。

 

 

でも、今では看護師の名称が認知されていることからも分かるように、男女共に働く職業となってきました。実際の現場に必要になる看護師としての能力を考えるならば、このような変化は、時代の流れとして当然なのかもしれませんね。

 

女性の持つ優しさだけではなく、緊急を要する現場で必要になる判断力や体力も、看護師に求められる要素だといえるでしょう。
看護師がかぶっている、いわゆるナースキャップ。

 

 

 

あれは看護師になる前に、責任の重さを自覚するための儀式でかぶるという重要な意味を持つものです。よく料理人が帽子を被っていますが、それ以上に意味を持つものといえるかもしれません。

 

 

 

しかし、近年では少しずつ看護師の制服も変化してきており、近い将来、帽子の意味も忘れ去られてしまう時が来るのかもしれません。特別な意味がない、ただ髪をまとめるための制服の一部と化してしまうのは悲しい気もしますが、それも世の中のトレンドとして受け入れていくしかないのでしょう。

 

卒業を控えているのに、看護師の就職先が決まらず困っている話を聞きますが、年齢が原因になっている可能性があります。

 

一般的に、求人には年齢についての制限を載せていない場合も、実際には病院側が採用に関する制限を決めている場合があります。

 

例えば、未経験で30代以上の方が初めて看護師として働くといった場合では厳しい就職活動になることは間違いないでしょう。

 

 

シフトを組んだ交代制勤務などで多くの仕事がある看護師ですが、特に油断できない仕事が申し送りです。

 

入院中の患者さんについての状態を全て理解して、その情報を責任もって交代する看護師に伝え、スムーズに看護業務を行えるようにしなくてはなりません。
簡単な伝言で済むレベルのものもありますが、医療的に重大な処置に関する申し送りは安易な気持ちで申し送りできないものです。

 

国際化する社会においては、海外で助けが必要な人たちに、医療の立場から支援したいと考えている看護師の方もいると思います。海外でも看護師の需要は大きくなる一方で、豊富な知識と笑顔で患者を支えることの出来る看護師が求められているのです。

 

海外においては医師、患者との意思伝達を十分に満たすためにも、英会話ができる事が絶対条件になるでしょう。もし、海外で看護師として活躍しようと思うのならば、きちんと英語を学んでおくべきです。あまり知られていませんが、看護師で公務員になる方法があります。それは公立機関や国公立病院で働く以外ありません。本来、職業としての看護師が専門的な知識が求められ、長期間働ける仕事だという理由から高い人気がありますが、加えて公務員に準じたメリットがつけばこれ以上の安定性はないですよね。
安定した収入と、解雇の心配が少なく、福利厚生が手厚いという点はなによりも嬉しいメリットですよね。

 

 

看護師として働くことは、ドラマのようにうまくはいかないのが現実です。普通の業務だけでも多忙を極めるのに、決められた労働時間以外の業務もあったりして残業を強いられることがままあります。
ですが、いかに多忙で、疲労困憊でも、常に患者さんやご家族の前では笑顔を忘れません。

 

ほんの少し前まで文句を言っていた人がすぐに笑顔になれるので、看護師は女優顔負けだなと感じてしまうことさえあります。

 

看護師の資格というものの最も強みとなる点はというと、やっぱり、看護師として勤務していない時間があっても、再度職に就くことが可能だということでしょう。

 

これはなぜかというと、看護師が専門職であることに加え、現場の人手不足の問題が大きくかかわっていると言えます。どこに転職するか、またどういった雇用形態なのかなどに特にこだわっていなければ条件に合えば普通なら再就職が困難な50代でもまた働けるといっても過言ではないのです。

 

 

正職員やパート、派遣といったように、看護師の働き方も色々ではありますが、そのほとんどはやはり、病院で勤務しています。
看護師といえば病院で働くもの、というイメージがありますが他でも、実は看護師がその資格を活かせる職場は多々ありまして、例えば、市町村の保健センター、保育園、企業内、介護施設などです。

 

こうした職場で看護師として活躍する人も大勢いて、人気のあるところなどは、採用されることが難しい場合もある、ということです。つまり看護師であれば、病院ではなくても働ける場所は色々あり、結婚や出産をした、子育てが終わったなど、ライフステージの変化に合わせるようにして最もやりやすい仕事をするため転職をしていくということが可能です。医師も看護師も主に病気の人と接する仕事ですが、この二つの異なる点といえばなんでしょう。分かりやすい違いは、お医者さんは患者さんの診察を行い、適切な治療を行い、予防指導を行ったり、薬を処方することが仕事とされています。
そして看護師については、医師に指示されたときに、医師が診療を行う際に、その補助をすることや医療面はもちろん、精神面でも患者さんをサポートしていく仕事です。

 

 

収入面において、看護師という仕事は、多くの女性が就く他の仕事と比べてみると、相当高めの給料をもらうことできます。医療現場という、人命のかかった職場であり、各種手当、例えば夜勤、残業につく手当も間違いなくもらえる、というのも大きいです。
他の人より夜勤をたくさんこなしていたり残業を厭わずに長時間こなすなど、そういったかなり勤勉な看護師の給料額は、仕事をした分だけ、他の人よりもずっと高いです。