ナースではたらこ




東証一部上場企業「総合求人情報ポータル」の老舗・ディップ株式会社が運営



全国各地の医療機関情報・日本最大級、看護師専門の転職・求人サービス



多くの看護師さんに支持され、満足度第1位 (※:調査機関:楽天リサーチ 2015年4月/20〜40代)



Webに公開されていない最新の非公開求人も登録者限定でご紹介



「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんな看護師さんを応援








ナースではたらこ 詳細はこちら






https://iryo-de-hatarako.net/







ナース人材バンク





年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス




看護師紹介・業界一の老舗・東証一部上場 エス・エム・エス キャリアが運営




全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート




求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ




転職利用者の97%が満足の転職支援サービス

 (平成26年1月ナース人材バンク成約者アンケート調べ)






ナース人材バンク 詳細はこちら






https://www.nursejinzaibank.com/






マイナビ看護師





株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス





医療系転職支援サービスのプロがサポート





日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など




豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり





マイナビ看護師 詳細はこちら






https://kango.mynavi.jp/







パソナメディカル






医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ



登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介




登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー




なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実





パソナメディカル 詳細はこちら






http://nr.pasonamedical.com/







ナースパワー人材センター







看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア



業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用



沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評





ナースパワー人材センター 詳細はこちら





http://nursepower.co.jp/























































eナースセンター看護師求人

看護師の勉強をするための学校には看護学科を持つ大学と専門学校があり、それぞれ違った特色があります。

 

 

大学の場合のいい面は最先端医療の知識など高度な技術に触れることができることや、より幅広く知識を修得できるということでしょう。そして、専門学校の場合は、実習が多いので実践的なことを学ぶ機会に恵まれており、実習を生かして、即戦力となれる場合が多いです。

 

 

 

その他、学費に関しても専門学校に支払わなければならない学費は、大学のおよそ十分の一となっています。

 

気になる看護師資格の難易度ですが、どのくらいのレベルになるのでしょうか。資格を取得するための看護師国家試験の合格率は、90%近くが毎年合格できているようです。

 

 

内容も今までの授業でしっかりと勉強していればそんなに難しい試験ではありませんので、全く高難度な資格ではありません。

 

病院での勤務は、おおまかに病棟勤務と外来勤務に分かれますが、子育て中なら外来勤務がおすすめです。日勤のみ、という大きな利点があるので、子供を預けて働きやすくなります。そして、病棟勤務とは違って、土日祝日がちゃんと休みになる場合が多いです。例外を除いて、夜勤ももちろんありません。

 

 

忙しいかどうかは、病院や、診療科によっても違ってきますが、例えば人気のある診療科だったりしますと待合室に患者があふれるようなことにもなって、かなり忙しいことになり、その上待たされた患者からのクレームも増えます。外来勤務で働く上で、必要となるスキルがどういったものかは診療科や病院によってもかなり違ってくるでしょう。

 

皆さんは看護師の帽子を見たことがあるでしょうか?あれは、看護師を目指す学生が意識を高めるための式の一場面でつけられる帽子です。料理人も帽子を被ることがありますが、より重要な意味を持ったものが看護師の帽子といえるでしょう。

 

 

しかしながら、近頃では看護師のユニフォームも変わりつつあり、帽子が持つ意味が薄れてしまう日もそう遠くないでしょう。単に髪の毛をまとめるためのものという奥行きのないものになってしまうことも残念だと思いますが、時代の移り変わりとして納得するしかありません。
看護師としての働き方はいろいろあります。

 

 

正社員で働くと月給制で給金が支払われますが、週に何日か働くパートですと、給料は時給計算になります。

 

 

では、パート看護師の時給はいくらくらいか見てみるとこれは日勤のみですが、1300円、1500円、少し良いところで1800円くらい、というのが大体の相場らしいです。パートとしてはなかなかの数字なのでしょうが、仮にも専門職として、時には人命にも関わり、休む間もなく仕事に追われる環境について思い至ると、あまり良い時給ではないのかもしれません。ハードワークで知られる看護師ですが、そこで激務の内容を少し見てみましょう。勤務形態でハードさの度合いも変わりますが、病棟勤務の場合だとかなり症状の重い患者さんもいますから、この人たちはいつ何時、急変してもおかしくありませんので緊張感で大変です。

 

 

それから、検温や血圧測定、動けない人の介助も担当看護士が任されます。
いきなり緊急手術が行われたり、人手の少ない夜間に限って何度もナースコールが鳴って、対処が必要になったり、目が回るほどゴタゴタする夜を過ごすこともあります。看護師というと病院に勤めているイメージがありますが、看護師が働く現場として実は、保育園があります。保育園に勤めるということで、子どもが好きであったり育児の経験がある看護師は、おススメの職場だと言えますね。保育園での具体的な仕事の内容は、病院とは異なり看護師として子どもたちの健康をケアしながら、園内で楽しく元気な時間を過ごせるようサポートする働きがいのある仕事です。看護師の仕事をしていく中で勿論逃げ出したくなることも何度もあるでしょう。
 仕事上のミスや、患者さんとのトラブルなどもあるのです。

 

 

しかし、やりがいがあると感じることも多くあります。

 

時に先輩が掛けてくれる、ご指導の言葉や慰めの言葉によって周囲の方々に支えられて働けているんだということを日々痛感しています。正看と呼ばれる資格を持った看護師になる方法は、看護課程のある大学や専門学校で学び、無事に卒業するのが絶対条件です。

 

看護課程を卒業すること自体が受験資格なので、避けようがありませんね。
しかし、専門学校や大学は倍率が高く狭き門になっています。

 

ですから看護学校受験のための予備校に通って受験対策をする人もいるようです。

 

 

 

准看護師に限らず、働きながら正看護師の資格を取ろうとする場合は、看護学校の通信課程も存在しますから、興味があれば調べてみてください。もっと看護師としての腕を上げたい、と考えているのであれば、答えは簡単です。
経験を積む、これだけです。
どんなことが起こっても、問題を解決できる方法が確立されている、といったことは、看護師という仕事柄あり得ません。なので、ただ、日々の仕事の積み重ねによって習熟していくしかありません。向上心の強い人などは、もっと学びたいという気持ちから働く場所を変えようとするケースもあるようです。大学病院など、高度な医療を行なうところで技術を吸収したいと希望する、大変に積極的な仕事の選び方です。
「看護師」という書き方と、「看護士」という書き方があります。双方とも「かんごし」と読み、同じ読みです。
それぞれ漢字表記にすると、どちらでも書くことができます。以前は看護士というと男性のことで女性に対して使う時は看護婦、という様に区別がしっかりついていました。法の改正があった2001年をきっかけとして、男性を指す時も、また女性を指す時も使用可能な「看護師」としてひとくくりにされることになったのです。
要資格の専門職である看護師ですが、仕事にあぶれる心配はなく、転職も難しくありません。

 

結婚や引っ越しといったような個人の都合にあわせるために職場を変えるケースも多いのですけれど、そんな中、もっと上を目指したいために転職しようとする人も大勢います。

 

こうした理由によるのであれば、はっきりした志望の動機を持っていなければ肝心の転職自体、できない恐れがあります。
もっと多くの経験を積むために総合病院を希望したい、大病院で最先端の治療に接したい、というように向学心をわかってもらえるような志望動機が期待されます。職場を変わられるときには看護師であっても当然、履歴書が要りますが、注意すべきことがあります。
その注意点とは、履歴書に書くことの中でも特に「なぜその職場を志望したか?」についてどう書くかということです。志望動機としてどういうものが適するかというと、雇用条件または労働環境がいいということを挙げるのではなくて、成長に繋がるといったことや、身に着けた技術や知識が役立てられそうだからというようなやる気に満ちたような内容がいいと思います。

 

病院で働く看護師にはそれぞれ階級があります。
一番階級が高いのは、もちろん、それぞれの病院によっても異なりますが、一般的には看護部長や総看護師長がトップにあたります。

 

実際に階級を上げるためには、同じ職場に長く勤務して実績を重ねて、周囲の信頼を得ることが必要だと言えます。

 

階級が高くなるほどに収入も増えます。交代制で夜勤に入る勤務の形だと、どうしても休みが不規則になりますが、カレンダー通りに土日祝を休みにすることもできます。

 

 

 

病棟勤務だから昼も夜も週末も関係なく働くことになる訳で、外来勤務に変えると、基本的に土日は休みになります。

 

何か不測の事態による緊急の出勤や、休日診療に出ることになったりもしますが、土日は休める、と考えてもよさそうです。

 

 

 

そして、入院施設がなく、個人経営の病院に勤めると、大抵の場合はちゃんと土日休みになっているはずです。看護師だった知人は、病気になってしまって、その療養のために退職したそうです。でも、体調が良くなったら、早速現場に戻って、医療施設で看護師として今も元気に働いています。
数か月間、仕事から離れていても、資格があれば比較的復帰が楽になりますよね。
再就職に苦労した経験があるので、資格を取っておけばよかったと思っています。海外で看護師として役に立ちたいという思いを抱える看護師の人も少なくないでしょう。海外からも日本の医療を求める声が大きくなっていますから、看護師は常に求められているのです。

 

 

 

海外で看護師になる場合、医師や患者と意思疎通をはかる上で、英語が必要になります。

 

もし、海外で看護師として活躍しようと思うのならば、きちんと英語を学んでおくべきです。一口に看護師と言っても、配属された科の診療内容によって、看護技術や処置の方法も異なります。配属部署と異なる科で研修を受けるローテーション研修はひとつだけの部署では学ぶことの出来ない幅広い技術を修得できるチャンスです。

 

 

また、いち看護師として視野を広くして物事を捉えられるようになり、知識を深められるでしょう。
将来を考えるキッカケになりますから、新人看護師の前向きな気持ちも湧きやすいようです。